デル eカタログサイト | デル製品 販売支援サイト
 | iDRAC9 コネクションビュー(接続ビュー)


14世代 PowerEdgeのiDRAC9では新しい機能が追加されました。
その中で、今回「コネクションビュー(接続ビュー)」を紹介したいと思います。



iDRAC上からサーバのネットワークが正しいスイッチ/スイッチポートに接続しているかどうかを
迅速に確認できるというが特徴となります。

スイッチとの接続でこんな問題ありませんか??

・接続先が”逆“。。ポート接続先を変えてみてそのままだった。
・タグ上では“Port1”だけど・・
・パッチパネルを使っていてその先がもう分かりづらい。
・“ポートアサイン表“と比べてみて、本当に正しいのかを確認したい。
・接続先として正しいという事を”サーバ側から”確認したい。
・結線済みで配線がたぐれない。抜き差し確認もできない。
 StatusランプのON/OFFはケーブルが沢山あって分かりづらい・・・

スイッチ側からリンク情報が分かってもどのサーバに接続しているのか?というのは分かりづからかったりします。
では、iDRAC上からどうやって見えるのかというと・・・

NICポート:


iDRACポート:


・新しいネットワーク接続ビューによって、リモート サーバのI/O接続を簡単に確認
・サーバのEthernet LOM、NDC、アドインNIC、DRAC9が正しいスイッチおよびスイッチ ポートと接続しているか
 どうかを迅速に確認
*LLDP対応スイッチ

スイッチの接続先がMACアドレスなので少し分かりづらいと思うかもしれませんが、
例えば、サーバのNIC1はスイッチのポート1から順番に接続しているという環境の場合、各サーバのiDRACを見比べてみれば
同じスイッチに接続しているのか、ポートは順序に沿って接続されているのか、って物理的な抜き挿ししなくても分かりますね。
しかもコネクションビューを利用する為のiDRACの追加ライセンスは不要です!

その他、ライセンス、iDRACについては「iDRAC9/8比較資料」「iDRAC9のユーザガイド」も参考下さい。

~PartnerSEつぶやきブログ~
パートナーセールスエンジニア 川口 直志

 

タグ: , ,