デル eカタログサイト | デル製品 販売支援サイト
 | PowerEdgeサーバーのシステム管理ってどんな機能?


サーバーのハードウェア障害監視は皆さん実施していらっしゃいますよね。
どのハードウェアメーカも、ほとんど同じような監視機能を搭載していて、“あまり、違いはないのではないか?”
と考えていませんでしょうか。
Dell EMCのPowerEdgeシリーズ(IAサーバー)では、サーバー本体を監視・管理するライフサイクルコントローラー搭
載したiDRAC(アイドラックと呼んでいます。正式名称は、Integrated Dell Remote Access Controllerです)という
機構と複数のサーバーをまとめて管理するOpenManage Essentials(OME:オーエムイと略して呼んでいます)という管理
コンソールソフトウェアがあります。今回は、このサーバー本体を複数管理するためのOMEについてご紹介します。
OME起動時の画面は、以下のようなダッシュボード(図1)で表示されます。ちなみに、ソフトウェアは無償で提供さ
れており、誰でもダウンロードして利用できます。
※Dell EMC OpenManage Essentials 2.3.0 ダウンロードページ
https://www.dell.com/support/home/jp/ja/jpbsd1/Drivers/DriversDetails?driverId=5G6PK


図1:OME Ver. 2.2のダッシュボード画面

このダッシュボードの画面はカスタマイズする事が可能で、お好みのステータスウィンドウを表示させることが出来ます。
これで、障害が発生しているサーバーは一目瞭然ですね。
監視対象として登録出来る機器はサーバーだけではなく、ストレージやネットワーク機器、PDU、UPS、クライアント
などのSNMPに対応した製品を含めることができます。
複数のプロトコル(SNMP、WS-Man、WMI、IPMI)にも対応しています。

※OpenManage Essentials サポートマトリックス 2.3
https://www.dell.com/support/home/jp/ja/jpbsd1/Drivers/DriversDetails?driverId=5G6PK

1.便利な機能の一つとして、デバイスを検出した後に機器の属性を自動的に判断してデバイスタイプに振り分けてくれる
ものがあります。下記の例(図2)は、”モジュールシステム” デバイスタイプ配下のPowerEdge VRTX(バーテックス
と呼びます)に分類され、VRTXに内蔵されているブレード型サーバーのiDRACから接続したデバイス情報です。搭載さ
れているネットワークアダプタやハードディスクなどのパーツも確認できます。

図2:OME Ver. 2.3のデバイス一覧画面

左側のデバイス一覧には、他にもWindowsやHyper Converged Infrastructureなどのデバイスタイプがあり、
自動的に割り振られます。運用管理者の方が、グループを作成してこのデバイス一覧に追加することもできます。

デバイスタイプは以下のようなものが定義されています。
・Citrix XenServers
・クライアント
・クラスタ
・ハイパーコンバージドインフラストラクチャ
・KVM
・Microsoft 仮想化サーバー
・モジュラシステム
・ネットワークデバイス
・OMEデバイス
・OOB 分類されていないデバイス
・電源デバイス
・PowerEdge C サーバー
・プリンタ
・RAC

2.ユニークな機能としては、サーバーのサービスタグナンバー(いわゆるシリアルナンバー)保守情報から保守が
満了するX日前(例えば90日前)にアラート通知を行う事ができます。これは保証通知設定の画面(図3)で有効化
できます。Dell EMCのPowerEdgeサーバーは、サービスタグナンバーで出荷時のハードウェア構成や保守開始日や
満了日をウェブサイトで参照できるようになっていますので、この仕組みを利用した監視機能です。

図3:保証通知設定画面

3.管理者の方が、いつもこのOMEダッシュボード画面をじっと見ているわけではありませんから、アラートが発生
した時に電子メール通知(図4)やコマンド実行(図5)、他社製の管理コンソールへトラップ転送通知(図6)する
便利な機能があります。

図4:アラート電子メール処置設定画面

図5:コマンドラインタスクの作成画面

図6:アラートトラップ転送設定画面

4.コマンドラインタスクを作成することにより、OMEが動作している環境でコマンドを実行することやiDRACにはコマンド
ラインインターフェースも用意されており、リモートのサーバーでRACADMコマンド
(正式名称はRemote Access Controller Admin)を実行することができます。

※RACADMツール ダウンロードページ
https://www.dell.com/support/home/jp/ja/jpbsd1/drivers/driversdetails?driverId=N3GC9
※RACADM CLIガイド
http://topics-cdn.dell.com/pdf/idrac9-lifecycle-controller-v3.00.00.00%20_reference%20guide_en-us.pdf

いかがだったでしょうか。この他にもハードウェアを設定するためのテンプレートを利用した導入支援機能やレポート
機能があります。障害監視だけではなく、ライフサイクルを支援する機能を利用してTCO削減にシステム管理ツールを
役立て頂きたいと思います。

~PartnerSEつぶやきブログ~
パートナーセールスエンジニア 山田 尚敏


 

タグ: , , ,