デル eカタログサイト | デル製品 販売支援サイト
 | Aerohive 無線LAN アクセスポイントWifiソリューション


プロダクトガイド
Aerohive 無線LAN アクセスポイントWifiソリューション【Dell EMC、OEMで販売開始】

エンタープライズ ワイヤレスは第5世代へ!完全コントローラレス無線LANアーキテクチャ

この度Aerohive社製品のOEM製品化にともない、ご提案の際、ご活用頂ける 各種・製品のご紹介コンテンツをご用
意いたしました。
パートナー皆様の今後のビジネスの発展の一助となれれば幸甚です。

<CONTENTS>
1.製品の特長/メリットのまとめ
2.OEM化だからこそ実現する Dell EMCのサポート
3.製品ラインナップ/Spec Sheet
4.設定ガイド



はじめに
昨今、国内Wireless市場は年間成⻑率8.7%の伸び(※)を示し、堅調な伸びを続けておりますが、クラウド管理型ワイヤレ
スの年間成⻑率は77.0%(※)と最も成⻑率が⾼いと予想されています。なかでも完全コントローラーレスクラウド型ワイ
ヤレス(第5世代ワイヤレス)が注⽬を集めており、Dell EMC では、そのリーダー的存在であるAerohive社製品をOEMで販
売開始する運びとなりました。※IDC 調べ
市場けん引の要因として、4~5年前の802.11n規格から802.11ac規格へのアップグレード需要の急伸(PCやタブレット、
スマホのac規格が急速に浸透)が考えられるほか、とくに教育機関内での普及が予想されるとしています。文部科学省資料によ
ると、学校の普通教室の無線LAN整備率は2017年度で、わずか29.6%。総務省では「学校のWi-Fi整備は重要な課題」として
おり、今後さらに市場での引き合いが予想されます。

1.製品の特長/メリットのまとめ

POINT 1. クラウドだからできるシンプルで効率的な運用
ファームウェアのバージョンアップなどをワンクリックで全てのデバイスに対して実行、煩雑だった大規模APの管理の手間
や時間を大きく短縮し効率化出来ます。
地方拠点からインターネットに接続すると自動的に認証や設定を実行し地方に管理者不在でもAPの導入を完了します。これ
もクラウドネットワークのメリットを活用した効率の良い運用の一例です。


POINT 2. コントローラーレス・アーキテクチャー (セキュア・耐障害性)
障害や災害に強いコントローラー・レスの独自アーキテクチャー。もし、管理システムのダウンや通信障害があった場合で
もアクセスポイントは独立して無線LANアクセスサービスを提供します。
ヒートマッピング:無線電波を「見える化」します。電波到達範囲をシュミレーションにより可視化し、サイトサーベイ不
要でAP設置位置が可能になります。妨害電波検知等トラブルシューティングに格段の効果が期待できます。


POINT 3. 独自機能:PPSK/自動プロブジョニング
自動プロビジョニング =導入の工数を圧倒的に削減!
接続するだけ!クラウドから設定情報を自動的にダウンロードします。ITの知識がなくてもAP(アクセスポイント)を接続
するだけですぐにWi-Fiが使用できます。増設時も接続するだけ、故障時もAPを入れ替えるだけ。
障害発生時に、トラブルシュートのため 現地へ技術者を派遣する必要がありません。(コンソールから,トラブルシューテ
ィング可能)


PPSK とは?
-プライベートPSK (Pre-Shared Key:事前共有キー)というAerohive 独自の認証方式です。
複雑さのない安全なネットワークアクセスを実現します。


セキュリティ-1:PPSK 802.1X認証と同等の個人認証を個別デバイスに紐づけて認証。1アクセスポイントに付き最大9,999
まで認証可能、外部のRADIUSやAD と連携した認証にも対応します。

セキュリティ-2: ディープパケットインスペクション機能により、ユーザー別に利用アプリケーションを特定したり接続URLを
モニター可能です。


メリット:
外部サーバー不要で安価
同一SSIDに9999個(AP2xxシリーズ)のプライベートPSKの設定可能
認証に使用されたプライベートPSKで、VLAN等個別のユーザアトリビュートをアサイン可能
プライベートPSKの生成は、自動と手動両方に対応
接続できる端末数の制限可能
期限付きのPPSKを定期的に自動生成可能
802.1X認証もサポート

POINT 4. 日本語化したHiveManager NG
HiveManager NGは,クラウド上に置かれた管理コンソールです。ネットワークの知識がなくても直観的なGUIで、いつでも、
どこからでも、アクセス可能で設定・管理、トラブルも即座に解決します。

ヒートマップ


ダッシュボード


トラブルシューティング


コンフィグ


~まとめ~
*クラウド上の管理コンソールから機器を集中管理するためインターネットに接続できる環境さえあれば、いつでも、どこ
からでも 設定・管理・トラブルシューティングが可能
*日本語化された管理ツールによって専門知識がなくても直観的な操作が可能
*自動プロビジョニング
*高価なコントローラー不要で劇的な費用の削減
*独自認証(PPSKにて高価で複雑なRadiusサーバーなしで運用可能)
*AP台数に制限なし(1台から1万台)
*スイッチもクラウドから管理が可能 (Dell EMC Nシリーズ)
*DellEMCの充実したサポートで、運用をスムーに

2.OEM化だからこそ実現する Dell EMCのサポート

POINT 1.標準ELW(※)サポート:先出しセンドバックで生涯限定ハードウェア保証!
Dellが製品モデル(EOL)の販売を停止してから5年が経過するまで、基本的なハードウェアサービスを含む延長生涯限定ハ
ードウェア保証(ELW)を保証します。標準で追加費用は発生いたしません。他社メーカーと比較し、さらにコストパフォ
ーマンスが高まります。
(※)ELW=Dell Networking Limited Hardware Warranty & Extended Life Limited Warranty
http://www.dell.com/learn/us/en/04/campaigns/lifetime-warranty

POINT 2. サポートする「資産」と「窓口」の⼀元化
サービスタグによりサポートをワンストップで提供でき、障害時にはお客様の購⼊履歴およびサポート内容を⼀元管理でき
ます。
Dell EMCならではの仕組みです。
(サービスタグナンバーにて管理される情報は、 お客様のお名前、ご連絡先・製品ご購⼊時期・製品の構成、保証内容・
過去のサポート、履歴・過去の修理履歴)

3.製品ラインナップ


製品のSpec Sheetはこちら

4.設定ガイド
①ダッシュボードの見方、操作方法
・HMNGオペレーションマニュアル
(ダウンロードはこちらから)
https://aerohive.egnyte.com/fl/3mOqYPnCuP

②設定方法
00-初めてのHMNG設定.pdf
01-APとHMNGの通信の要件.pdf
02-スタティックIPアドレスの設定.pdf
03-プロキシーサーバーの設定.pdf
04-デバイスの追加.pdf
05-PSK.pdf
06-PPSK.pdf
07-PSK_付加機能付き.pdf
08-PPSK_付加機能付き.pdf
09-DHCPサーバー+NAT機能.pdf
10-AD連携.pdf
11-外部RADIUISサーバー.pdf
12-無線メッシュ構成.pdf
13-クライアントモード.pdf
(ダウンロードはこちらから)
https://aerohive.egnyte.com/fl/922YfK40KP

③DELLスイッチオペレーションマニュアル-ver0.1
https://aerohive.egnyte.com/fl/2sBjScXOCT

詳細は営業担当まで御連絡ください。

 

タグ: , ,