デル eカタログサイト | デル製品 販売支援サイト
情報ガイドステーションメニュー
 |  最高級の常時インバーター方式!
      Eaton UPSでDELL製品を安全に電源管理

   
       
   
       





皆様、こんにちは。ダイトロン株式会社の橘井です。
この度、高い品質を誇る常時インバーター方式を多くラインナップするEaton UPSをご紹介いたします。




■Eatonとは?

Eatonという名前は中々馴染みがないことかと存じますが、実は世界最大級の総合パワーマネージメント企業です。ブレーカーや航空機の部品など幅広く製造販売をしており、日本国内へもUPSを販売しております。

そんなEatonですが実はDELL Technologies社ともアライアンスを組み、ワールドワイドでビジネスを行っているのです。



参照 英語記事へのリンクとなります)
https://www.eaton.com/us/en-us/catalog/backup-power-ups-surge-it-power-distribution/eaton-intelligent-power-manager/power-management-alliance-partners/eaton-delivers-advanced-power-management-for-dell-emc-vxrail-sys.html

もちろん日本国内でもDELL Technologies社からご安心してご購入いただける製品となっております。


さて、日頃からサーバーやストレージを選定・販売される方にはUPSはお馴染みの存在かと思われます。「以前のシステムにもUPSは入っていたから、今回も同じものを導入する」でしたり、「UPSなんて特に違いはない」などと思われている方も多くいらっしゃることかと存じますが、実はそうではありません。

UPSには給電方式の違いがあり、それぞれの特徴を踏まえて選定することによって大きな付加価値が生まれる製品となります。




■そもそもUPSって?

そもそもUPSとは何でしょう?UPSとは無停電電源装置(Uninterruptible Power Supply)のことです。鉛などのバッテリーを充電し、停電時や一時的に電力品質が低下した際に、バッテリーから電力を供給する装置となります。

また、給電方式によっては、停電からの保護だけではなく、様々な電源障害やノイズから機器を守ることができます。

つまりUPSとは電気に対する保険のような役割を担っています。




■3つの給電方式

UPSは3つの給電方式に分かれています。

・常時商用方式
・ラインインタラクティブ方式
・常時インバーター方式

Eaton UPSは国内でラインインタラクティブ方式と常時インバーター方式をラインナップしており、この中では常時インバーター方式が一番高品質となります。

続いて、これら3つの給電方式について簡単にご説明いたします。


常時商用方式

商用電源(コンセント口)から負荷機器(サーバー等)に電力をスルーで出力し、停電検知の際にバッテリーからの給電に切り替えます。低コストですが、電圧の細かい調整ができず、バッテリーからの給電時に瞬停が発生します。



ラインインタラクティブ方式

基本的な作りは常時商用と同じですが、こちらは電源の調整機能が加わります。この機能によって、一時的に電気の品質維持や改善が可能となります。こちらの方式も比較的安価にお買い求め頂けますが、バッテリーからの給電時に瞬停が発生します。



常時インバーター方式

商用電源(コンセント口)から入ってくる電力をUPS内部で、クリーンな電力に作り直し、負荷機器(サーバー等)に供給します。電源環境の優れない地域でも安定した電気の供給が可能です。もちろん停電を検知するとバッテリーからの給電に切り替わり、無瞬断で電力の供給をします。





■常時インバーターの利点

3つの給電方式についてご説明いたしましたが、常時インバーター方式と他二つの給電方式の大きな違いは下記となります。

バッテリーからの給電が無瞬断
様々な電源障害(ノイズ、電圧のブレ等)に対応

よくある例として、電源環境があまりよろしくなく、電圧が100Vぴったりではなく、97Vや103Vなどブレる現場があります。この程度のブレですとそこまで影響は出てこないのですが、極端に電圧が低下するとUPSが停電だと勘違いをし、負荷機器を止める動きをすることもあります。また、電圧のブレが多くなることによってUPS自体の故障などにも繋がることもあります。

こういった細かい電源トラブルは意外と多いです。そういったトラブルを事前に回避できる点で常時インバーターは優れております。




■常時インバーターが活躍するシーン

普段何気なく選定されていたUPSの細かい違いについて知って頂けたことと思います。ただ、良い製品だとはわかったけど実際にどのような顧客へ提案すれば良いかわからない!という声も少なからずあるかと思いますので、多く採用されているシーンなどをご紹介いたします。

公共案件(官公庁、病院等)– 止めてはいけない大事なシステムを瞬停から守ることができます。
製造業 – 電源環境の良くない地域でも安心して導入して頂けます。
HCI等のハイエンドなシステム – 高価な機器を電源障害から守ります。

もちろん上記以外の採用事例もございます。
また、Eaton UPSですと常時インバーターを安価にご提供可能です。ほぼラインインタラクティブ並みの価格感でご提供できるため、UPSリプレイスのハードルも高くありません!

以上、Eaton UPSの常時インバーターにおけるメリットのご紹介となります。上記の通りEaton UPSを導入いただくことで不意の電源トラブルにも安心して対応することが可能です。




サーバー・ストレージの電源管理にお困りの際は是非Eaton UPSをご検討ください。
また、製品情報などを取りまとめているサイトや、旬な情報発信を行っているTwitterもございますので是非ともご確認ください!

無停電電源装置(UPS) | イートン – ダイトロン株式会社
https://www.eaton-daitron.jp/

Twitter @Eaton_Daitron
https://twitter.com/eaton_daitron

お問合せ
本製品に関するお問い合わせは以下のアドレスまでお願いします。
ダイトロン株式会社
グリーン・ファシリティー部
eaton-it@daitron.co.jp


2021/03/31



   
       
   
       

 

タグ: , , ,