デル eカタログサイト | デル製品 販売支援サイト
情報ガイドステーションメニュー
 |  未経験者歓迎! Dellサーバ/ストレージ接続スイッチ見積もりシリーズ
      ~ ③ToRスイッチで使用されるトランシーバについて ~






コンテンツ
其1:Dell Technologies サーバ/ストレージにDellスイッチを採用する理由
其2:オンラインツール(OSC)で作る簡単参考見積もり
其3:ToRスイッチのトランシーバ対応可否(この記事)




ブログ目次

● ネットワークスイッチにおけるトランシーバとケーブル
● ToRスイッチのトランシーバ対応可否
● よくある質問
 • トランシーバにおけるQSA(QSFPアダプタ)とは?
 • 10 Base-T トランシーバ Gen1とGen2の違い
  ① 使用できるポートスピードの違い
  ② 使用できる本数の違い
 • S4148で必ず決めなければいけないポートの構成(Port Profile)について






● ネットワークスイッチにおけるトランシーバとケーブル






• データセンターで取り扱われるネットワークスイッチでは、主にトランシーバ(SFP Transceiver, QSFP Transceiver)と、光ケーブル(LC Fiber Cable, MPO Cable)を使用して接続します。
• SFP RJ45 Transceiverを使用することでLANケーブルでの接続も可能です。(元よりLANポートを備えたスイッチもあります)
• DACケーブル(SFP DAC, QSFPDAC)はトランシーバとケーブルが一体になったケーブル。以下のメリット、デメリットから、ネットワークスイッチ同士の冗長構成用のケーブルや、同ラック内のDellのネットワークスイッチとDellのサーバ/ストレージ等の接続用ケーブルとして多く用いられます。

メリット
 - トランシーバとケーブルをそれぞれ購入するより安価

デメリット
 - 長さに限りがある(最大10m程度)
 - 銅線のためケーブルの取り回しがしづらい
 - トランシーバを含むため両端の接続端末でサポートされている必要がある






● ToRスイッチのトランシーバ対応可否




Model 型番 発注型番
(スイッチ同時購入)
発注型番
(別売追加購入)
S4100 S5200
QSFP28 QSFP+ SFP+ QSFP28-DD QSFP28 SFP28
1G SFP 1GbE SX GF76J 407-BBDB 407-BBOR 〇* 〇* 〇* 〇*
SFP 1000 Base-T XTY28 407-BBEL 407-BBOS 〇* 〇* 〇* 〇*
10G SFP+ 10G SR WTRD1 407-BBEF 407-BBOU 〇* 〇* 〇* 〇*
SFP+ 10G Base-T (Gen1) PGYJT 407-BBWT 407-BBWL 〇* 〇* 〇* 〇*
SFP+ 10G Base-T (Gen2) WP2PP 407-BCFN 407-BCFM 〇* 〇* 〇* 〇*
25G SFP28 25G SR W4GPP 407-BBXX 407-BBXU 〇* 〇* 〇*
40G QSFP+ 40G SR4 7TCDN 407-BBBY 407-BBOZ
QSFP+ 40G BiDi XW7J0 407-BBYC 407-BBXT
QSFP+ 40G LR4 F8CG0 407-BBGL 407-BBGN
100G QSFP28 100G SR4 14NV5 407-BBWQ 407-BBWV
QSFP28 100G CWDM4 THPF3 407-BBVG 407-BBVO
QSFP28 100G LR4 D7P80 407-BCDI 407-BCDH
QSA JCYM9 407-BBZN 407-BBZL
※2021年12月時点の情報です。

• 〇は使用可能、空欄は使用不可を表します。
• 〇*はQSAを併用した場合に使用可能であること表します。
• OSはSmartFabric OS10.4.3.0以上のバージョンでの使用を前提としています。
• 頻繁に用いられるトランシーバのみを記載しています。未記載のトランシーバの使用可否については弊社営業担当へお問い合わせください。
• 予告なく型番等の内容が変更される可能性あります。






● よくある質問

• トランシーバにおけるQSA(QSFPアダプタ)とは?


QSFP+, QSFP28, QSFP28-DD等のインターフェースを SFP, SFP+, SFP28へ変換するアダプタです。


















• 10 Base-T トランシーバ Gen1とGen2の違い


10G Base-TトランシーバにはGen1とGen2があり、主な違いは2点あります。


① 使用できるポートスピードの違い

S4100シリーズのSFP+ポート、S5200シリーズのSFP28ポートでは…
 - 10G Base-T Gen1トランシーバでは、ポートスピード10GbEのみ使用可能。
 - 10G Base-T Gen2トランシーバでは、ポートスピード10GbE or 1GbEで使用可能。







② 使用できる本数の違い




S4100シリーズ S5200シリーズ
S4112F
SFP+ポート
S4128F
SFP+ポート
S4148F
SFP+ポート
S5212F
SFP28ポート
S5224F
SFP28ポート
S5248F
SFP28ポート
10G Base-T Gen1 トランシーバ 6ポート 12ポート 24ポート 12ポート 24ポート 48ポート
10G Base-T Gen2 トランシーバ 3ポート 6ポート 12ポート 12ポート 24ポート 48ポート
※表内のポート数まで使用可能



 - S4100FシリーズのSFP+ポートには、ポート番号1-4, 5-8, 9-12…のように4ポートで1つのPort Groupが設けられています。(下図参照)
 - Port Group毎に使用できる消費電力が定められており、消費電力の大きい10G Base-Tトランシーバは使用できる数が制限されています。
 - Gen1トランシーバではPort Group内で2ポート、Gen2トランシーバではPort Group内で1ポート使用可能です。
 - 隣あったポートに10G Base-T Gen1トランシーバを設置する場合、物理的にトランシーバが干渉し、引き抜く際に隣のトランシーバも誤って外れてしまう可能性があります。事前に設置位置が隣あわないようにしておくのが運用としてベターです。

Ex. S4148F







• S4148で必ず決めなければいけないポートの構成(Port Profile)について


S4148F, S4148Tは物理的には以下のポートがあります。

 - SFP+ポート(10G Base-Tポート) x 48
 - QSFP+ポート x 2
 - QSFP28ポート x 4

しかし、チップセットの兼ね合いで全てのポートを上限の帯域で使用することができません。
そこで、Port ProfileというOSの機能によって使用するポートをコントロールします。
ご使用のポートに応じてProfile1-6の何れかをご設定いただく必要があります。



プロファイル選定のポイント



*ブレークアウトオプションが必要でない場合、どちらを選択しても問題ありません。
ブレークアウトオプションが必要な場合、以下オプションをご確認の上、適切なProfileをご選択ください。

各プロファイルで使用可能なポート

プロファイル名 SFP+ / 10GBase-T QSFP+ QSFP28
Profile-1 48x10GbE 4x100GbE
4x10GbE or 4x25GbE or 2x50GbEにブレークアウト可能
Profile-2 48x10GbE 2x40GbE
4x10GbEにブレークアウト可能
4x40GbE
4x10GbEにブレークアウト可能
Profile-3 40x10GbE 2x40GbE
4x10GbEにブレークアウト可能
4x100GbE
4x10GbE or 4x25GbEにブレークアウト可能
Profile-4 40x10GbE 2x40GbE
4x10GbEにブレークアウト可能
4x100GbE
4x10GbE or 2x50GbEにブレークアウト可能
Profile-5 48x10GbE 4x40GbE
4x10GbEにブレークアウト可能
2x100GbE
4x10GbE or 4x25GbEにブレークアウト可能
Profile-6 48x10GbE 4x40GbE
4x10GbEにブレークアウト可能
2x100GbE
4x10GbE or 2x50GbEにブレークアウト可能
※出荷時のデフォルトはProfile1に設定されています。


※画像はクリックで拡大できます


2022/01/25


 

タグ: ,