デル eカタログサイト | デル製品 販売支援サイト
情報ガイドステーションメニュー

 | サーバー運用を一元化する管理ツール!
     OpenManage Enterprise プラグイン SupportAssist

   
       
   
       
   
    





■目次

1.序章
2.SupportAssistプラグインの検証環境
3.SupportAssistプラグインのインストール
4.SupportAssistプラグインの初期設定
まとめ



1.序章

OpenManage Enterprise(OME)3.5がリリースされました!

Release Notes
https://dl.dell.com/topicspdf/dell-openmanage-enterprise_release-notes35_en-us.pdf

情報ガイドステーションの「製品/サービス紹介資料」上に以下資料を掲載しました。
提案活動に是非ご活用ください。

OpenManage Enterprise ご紹介資料
https://japancatalog.dell.com/c/wp-content/uploads/OpenManageEnterprise_OME_v3.5.pdf

OME3.5では様々な機能強化/追加が行われました。本ブログではプラグインにフォーカスしてご紹介いたします。
第2回目は「SupportAssist」のプラグインです。

SupportAssistとは、ハードウェアの正常性のチェックをプロアクティブに行います。
ハードウェアの問題が検知されると、トラブルシューティングに必要なシステム状態情報を自動的に収集して、Dell Technologiesのサポートへ送信します。ハードウェア障害の対応工数を削減したい時に是非活用いただきたい機能になります。

SupportAssistの詳細については以下ブログで機能、導入、設定についてご紹介しております。
ご存じない方は事前にご確認ください。

ハードウェア保守の手間から解放!「Dell EMC SupportAssist」のご紹介
https://japancatalog.dell.com/c/supportassist_01/
ハードウェア保守の手間から解放!「Dell EMC SupportAssist」のご紹介 ~SupportAssist導入編~
https://japancatalog.dell.com/c/isg_blog_supportassist_02/
ハードウェア保守の手間から解放!「Dell EMC SupportAssist」のご紹介 ~SupportAssist設定編①~
https://japancatalog.dell.com/c/isg_blog_supportassist_03/
ハードウェア保守の手間から解放!「Dell EMC SupportAssist」のご紹介 ~SupportAssist設定編②~
https://japancatalog.dell.com/c/isg_blog_supportassist_04/

上記のブログ内でご紹介している通り、従来SupportAssistを使用するには以下の2通りでした。
 1.SupportAssist Enterprise
 2.iDRAC組み込み

今回、OpenManage Enterprise(OME)3.5からOMEにSupprtAssistのプラグインをインストールしてSupportAssistを使用できるようになりました。




2.SupportAssistプラグインの検証環境

OME3.5にSupprtAssist1.0.0のプラグインをインストールします。
 ※OME3.5がインターネット接続できることが必須になります。



システム要件については以下Support Matrixを参照ください。

Dell EMC OpenManage Enterprise SupportAssist Version 1.0 Support Matrix
https://dl.dell.com/topicspdf/openmanage-enterprise-supportassist_support-matrix_en-us.pdf

OME3.5からSupport Assist1.0が使用できること、メモリの考慮(+4GB)が必要なことがわかります。
また、管理出来る対象機器およびファームウェアのバージョンが確認できます。




3.SupportAssistプラグインのインストール

① OpenManage Enterpriseの管理コンソールにログインします。
② 「OpenManage Enterprise」を展開します。
③ 「アプリケーション設定」を押下します。
④ 「コンソールとプラグイン」を押下します。
⑤ インストールするプラグインを確認します。今回は「SupportAssist」。
⑥ 「インストール」ボタンを押下します。



⑦ 「プラグインのダウンロード」ボタンを押下します。



⑧ 「プラグインのインストール」ボタンを押下します。



⑨ 警告内容の確認をします。 ※VMのスナップショット手順は割愛します。
⑩ チェックボックスにチェックを付けます。
⑪ 「インストールを確認」ボタンを押下します。 ※インストールが開始します。数分で完了。



⑫ プラグインインストール後にOpenManage Enterpriseのサービスが再起動します。
再起動後にOpenManage Enterpriseの管理コンソールにログインします。
メニューが増えていることが確認できます。






4.SupportAssistプラグインの初期設定

SupportAssistプラグインの初期設定を行います。

① OpenManage Enterpriseの管理コンソールにログインします。
② 「OpenManage Enterprise」 – 「SupportAssist」 – 「サイトの正常性」の順で遷移します。
③ 「今すぐ登録」ボタンを押下します。
④ 「次へ」ボタンを押下します。



セットアップに必要な「アクセスキーとPINコード」の生成を行います。

⑤ 「アクセスキーとPINの生成」ボタンを押下します。



⑥ Dellアカウントを使用してログインします。 ※本アカウントに生成したアクセスキーがメールで届きます。
⑦ サイトを選択します。



⑧ 4桁のPINコードを入力します。(入力したコードを後ほど使用するのでお忘れなく!
⑨ 「アクセスキーを生成」ボタンを押下します。



⑩ 「完了」ボタンを押下します。



以下メールが届きます。
⑪ 「Access Key」を使用します。



⑫ 「アクセスキー」を入力します。
⑬ 「PIN」コードを入力します。
⑭ 「次へ」ボタンを押下します。



⑮ 「連絡先の詳細」を入力後に、「次へ」ボタンを押下します。
・主要連絡先(会社名、国/地域、姓名、電話、連絡方法(電話、メール)、メールアドレス、タイムゾーン、希望連絡時間帯)
・二次連絡先(主要連絡先と同一項目。同一の担当者情報はNG



⑯ 「迅速発送」のオプションを選択後に、「次へ」ボタンを押下します。
※初期値はチェックボックスがグレーアウトしています。



⑰ 「配送先の詳細」を入力後に、「次へ」ボタンを押下します。
・配送先住所(国/地域、住所、郵便番号)



⑱ 「TechDirect」オプション設定です。今回は連動せず「次へ」ボタンを押下します。



⑲ 「完了」ボタンを押下します。 



以下のとおり登録が完了いたしました。
(事前にOMEに登録していたR640がSupportAssistのプラグイングループでも表示されるようになりました。)



⑮~⑱で設定した値は以下より変更可能です。
「OpenManage Enterprise」 – 「SupportAssist」 – 「設定」
 ※プロキシにも対応しておりますので環境に応じて設定ください。



保守サービスのレベル(Basic、ProSupport、ProSupport Plus)によってSupportAssistの使用出来る機能が制限されます。以下を参照ください。



上記の機能制限、導入、本ブログでご紹介しきれなかった設定方法など以下ユーザーガイドに記載がありますのでご確認ください。

Dell EMC OpenManage Enterprise SupportAssist バージョン 1.0 ユーザーズ ガイド
https://dl.dell.com/topicspdf/openmanage-enterprise-supportassist_users-guide_ja-jp.pdf




まとめ

最後までお読みいただきありがとうございました。SupportAssistを使用するにはインターネット接続が必須になります。
環境に応じてSupport Assistの利用形態(iDRAC組み込み、SupportAssist Enterprise、OME+SupportAssistプラグイン)を選択ください。

OpenManage Enterpriseは、APIやプラグインに多くの投資をしております。
今後も機能拡張にご期待ください。次回は「Update Manager」プラグインをご紹介させていただきます。



パートナーセールスエンジニアリング本部
セールスエンジニア
中野 修
2021/1/12


関連記事はこちら

サーバー運用を一元化する管理ツール! OpenManageシリーズの紹介
サーバー運用を一元化する管理ツール! OpenManage Enterpriseの導入
サーバー運用を一元化する管理ツール! OpenManage Enterpriseの設定(監視機能)
サーバー運用を一元化する管理ツール! OpenManage Enterpriseの設定(ファームウェアカタログ機能とファームウェア更新)
サーバー運用を一元化する管理ツール! OpenManage Enterpriseの設定(テンプレート機能)
サーバー運用を一元化する管理ツール! OpenManage Enterpriseのバージョンアップ (v3.2.1 → v3.3.1)
サーバー運用を一元化する管理ツール! OpenManage Enterprise プラグイン Power Manager
サーバー運用を一元化する管理ツール! OpenManage Enterprise プラグイン SupportAssist
サーバー運用を一元化する管理ツール! OpenManage Enterprise プラグイン Update Manager
PowerEdgeで簡単システム管理 ~iDRAC編~ はじめの一歩
PowerEdgeで簡単システム管理 ~iDRAC編~ 初期設定
PowerEdgeで簡単システム管理 ~iDRAC編~ 管理画面概要
PowerEdgeで簡単システム管理 ~iDRAC編~ 仮想コンソール機能
PowerEdgeで簡単システム管理 ~iDRAC編~ ログ取得概要
PowerEdgeで簡単システム管理 ~iDRAC編~ アラート設定方法
PowerEdgeで簡単システム管理 ~iDRAC編~ Support Assist概要
PowerEdgeで簡単システム管理 ~iDRAC編~ バックアップ概要
PowerEdgeで簡単システム管理 ~iDRAC編~ ライセンスキーの適用
PowerEdgeで簡単システム管理 ~iDRAC編~ iDRAC9 ファームウェア4.xの実力
PowerEdgeで簡単システム管理 ~iDRAC編~ iDRAC9 ファームウェアバージョンアップ
PowerEdge 管理・監視 Tips まとめ
テクニカル BLOG まとめ


   
       
   
       
   
    

 

タグ: , , , , ,