デル eカタログサイト | デル製品 販売支援サイト
情報ガイドステーションメニュー
 | アクセスポイント「Ruckus」 【連載②】
     製品ラインナップのご紹介(Dell EMC OEM)

   
       
   
       
   
    





Dell EMCネットワーク事業部です。2018年6月より、CommScope(旧:Ruckus Networks:以降Ruckus) のアクセスポイント製品のLite OEM化を開始致しております。



Ruckusのアクセスポイントにおいて、屋内/屋外向け、コントローラー型(物理・仮想)/コントローラーレス など、その豊富な製品ラインナップ・選択肢も魅力の1つです。そこで、今回は全体の製品ポートフォリオ・ラインナップと、製品のご選定時に参考いただける情報をご紹介したいと思います。



❖幅広い管理の選択肢(コントローラーあり・なし)

ご希望に応じて、コントローラーあり・なし、さまざまなタイプでご検討いただけます。



 ● ZoneDirectorシリーズ:コントローラー型(アプライアンスのみ)最大150AP
 ● SmartZoneシリーズ:コントローラー型(アプライアンス・仮想版)最大3000AP
 ● RuckusCloud Wifi:クラウド型(コントローラーレス、サブスクリプション):無制限
 ● Rucks Unleashed:コントローラー内臓型(コントローラーレス)最大128AP


<選定のポイント>
基本な目安としては、今後のアクセスポイント導入規模(どれだけのアクセスポイント収容が必要か)で製品選定を実施します。イニシャルコストを重視されるお客様も多くいらっしゃいますが、既存のネットワーク環境から、導入の容易性、既存システム資産の活用、運用性等を考慮して全体設計を考慮されるお客様も多くいらっしゃいますので、ご要望に適した製品でご提案させていただきます。



詳細設計時は各種必要機能の対応にご注意ください。


❖アクセスポイントのラインナップ

現在、端末/アクセスポイント両面で最も普及している802.11ac/802.11ac wave2(Wifi5)対応モデルをはじめ、802.11ax(Wifi6)対応モデルまでございます。用途別では、屋内向け(Rシリーズ)・屋外向けモデル(Tシリーズ)・ホテル向け有線ポートが多め(Hシリーズ)に分類されています。




<選定のポイント>
基本な目安としては、使用される端末/同時接続数/使用用途に応じて、規格・ストリーム数から機器を選定します。

ラインナップは四半期から半年に一度で更新がありますので、ご検討のタイミングに応じて、営業担当までお問い合わせください。
詳細のスペック比較は、CommScope様サイトをご参照いただくとより機能を比較していただけます。
クリック



❖Dell EMCによる保守サポート・保証

OEMならではのサポート/保証についてもご紹介したいと思います。
一番のメリットは、窓口の一本化/資産管理の一元化、この2点になるかと思います。

窓口の一本化は非常に大きなメリットです。
万が一障害が発生した場合、障害ポイントがスイッチなのかアクセスポイントなのかコントローラーなのか不明だと、まずはそこで切り分けが必要になり、メーカー問い合わせまでに多くの時間と工数をかけなくてはなりません。

とくに、ネットワークにおける障害はユーザー様に直接影響が出るため 迅速な解決が求められますが、Dell EMCのトータル的な製品保守をご利用いただくことで、万が一障害が発生した場合にも、切り分けからお問合わせいただくことが可能となります!

もちろんすべて日本語でサポート。(PCやサーバーと同じように、「サービスTAG」が添付されております)
IT担当者の皆様/SIerの皆様にとって、心強いサポートになれば、幸いです。


<選定のポイント>
サポートのご選定は、「Enterprise製品サポート選定ガイド」をご参考ください。
ご希望のサービスレベルに応じてご選定いただけます。

コントローラーについては、ProSupportまたはProSupportPlusのいずれかからご選択いただくことが可能です。(ソフトウェアの場合は一律ProSupportになります。※2020年4月時点)

アクセスポイントについては、保守をご契約いただくことも可能ですが、制限付きの永年保証(ELW)で導入いただき、交換機(予備機)運用されるお客様が多いかと思います。

制限付きの永年保証(ELW)とは、「EOSを発表してから5年後」までは製品の永年保証をするというものです。こちらも詳細は、製品保証のページに纏まっておりますので気になる方はご参考いただければ幸いです。



どうぞお忘れなく!スイッチもあります。Dell EMC PowerSwitch 「Nシリーズ」

アクセスポイントの導入とあわせて必要になるキャンパス向けスイッチとして、Dell EMCでは PowerSwitch 「Nシリーズ(OS6)」がございます。実にアクセスポイントのお引き合いのほとんどであわせてご検討いただいております。



Campus用途に最適な 1/2.5GbE/10G対応 アクセス/フロア/ToR向けL2/L3イーサネットスイッチ製品群で、PoE、認証機能にも対応し第三者による不正アクセスや無線の盗聴を防ぐためにも有効です。

業界標準コマンドラインを採用。「ライセンス不要」でシンプルにお使いいただけます。
エンタープライズクラスの機能性とDell EMCサポートを提供。コスト対効果が高く人気のラインナップとなっております。

シリーズは、N1100-ON/N1500/N2000/N2200/N3000E-ONシリーズと多数ラインナップございます。
おかげさまで直近ではマルチギガスイッチの販売も開始しております。

スイッチのスペックについては、「エンタープライズ総合カタログ」、「すぐに使えるDell EMCネットワーキングソリューション」 等をご参考ください。


*****


今回のご紹介はここまで。

ぜひ、この機会に貴社におかれましても Ruckus & Dell EMC Networking 製品の採用をご検討いただけることを願っております!

お問い合わせは、弊社各営業担当までお願い申し上げます。

Dell EMC ネットワーク事業部 Networking Sales Specialist人見 真理子



❖導入事例:学校法人 聖母女学院様

Chrome Book採用とあわせて、Ruckus OEMを採用いただいております。
https://www.dell.com/learn/jp/ja/jpcorp1/corporate_case-studies_documents/200311_2_dell_jirei_seibo.pdf



❖参考

さらに詳しくRuckusアクセスポイントについて知りたい!と思った方は、ぜひ 「Ruckus Access Point 構築ガイド」 をご参照ください。

アンテナの特徴、ネットワークキャパシティの見積もり、AP の配置、RF チャネルの選択などをはじめ、最適なパフォーマンスを提供するための製品機能と設定、チューニング方法についてもご説明しております。


ハードウェアのSpecは、「すぐに使えるDell EMCネットワーキングソリューション」 をご参考ください。


教育向け総合カタログ」:ページ内で製品のご紹介をさせていただいております。




   
       
   
       
   
    


 

タグ: , ,