デル eカタログサイト | デル製品 販売支援サイト
情報ガイドステーションメニュー
 |  次世代PowerEdgeサーバーでの 「MLPerf」 ベンチマーク結果を公開

   
       
   
       





以前に紹介した機械学習ベンチマーク 「MLPerf」 についてですが、早速次世代PowerEdgeサーバー(PowerEdge R750xa、XE8545)でのベンチマーク結果が公開されました。


※次世代PowerEdgeサーバーの特徴についてはこちらを参照。


現在 「MLPerf」 の管理は MLCommons に移管され、今後もユーザの必要性に合わせてベンチマークのカバー範囲も拡充されていく予定です。

MLCommons
https://mlcommons.org/ja/

今回展開されたブログは、最新バージョン 「MLPerf™ Inference v1.0」 でのベンチマーク結果となります。
  
<Introduction to MLPerf™ Inference v1.0 Performance with Dell EMC Servers>
https://infohub.delltechnologies.com/p/introduction-to-mlperf-tm-inference-v1-0-performance-with-dell-emc-servers/

本ブログではデータセンター環境向けに設計されたオフライン、サーバー(シナリオ)に焦点を当てています。



「MLPerf™ Inference v1.0」 ベンチマークの分類と基準(満たすべき目標精度)は上図となっております。
今回はこの中から Resnet50、SSD-Resnet34、BERT、RNN-T、3D-UNetのベンチマーク結果が公開されております。



ハードウェアは次世代サーバーの PowerEdge R750xa、XE8545 に加え、NVIDIA社のハイエンドGPUを最大10基搭載可能な 「DSS8440」 サーバーを使用しており、それにNVIDIA社の最新アーキテクチャであるAmpere GPU(A100 / A40)を複数台搭載しております。

また、ベンチマーク実行手順についても公開されておりますので、今回の観察された結果(それに近い値)を再現することが出来ます。

<Running the MLPerf™ Inference v1.0 Benchmark on Dell EMC Systems>
https://infohub.delltechnologies.com/p/running-the-mlperf-tm-inference-v1-0-benchmark-on-dell-emc-systems/

このベンチマークの結論としては、同じGPU・枚数を搭載していれば、Dell EMCのサーバーは他社サーバーと比べても非常に高い水準でパフォーマンスを発揮することが明記されております。その中でも 「PowerEdge XE8545」 は特に高いパフォーマンスを発揮しております。

この 「PowerEdge XE8545」 には非常に大きな特徴があり、製品設計の初期段階でNVIDIA社と連携することにより、この製品に限っては高性能なA100(NVLink対応)80GB GPUを(空冷のまま)消費電力500Wで稼働することを実現しました。これにより、同じGPUモジュールが400Wに制限される他社サーバーと比べ、13~15%高いパフォーマンスを発揮します。この特徴については既に翻訳済のホワイトペーパーを公開しておりますので、是非こちらもご参照下さい。



<「PowerEdge XE8545 パフォーマンス概要」ホワイトペーパーより>
https://japancatalog.dell.com/c/wp-content/uploads/Direct-from-Development-PowerEdge-XE8545-Performance-Characteristics_JPN.pdf


パートナーセールスエンジニア
中村 智宏
2021/06/24


関連記事はこちら

機械学習(ディープラーニング)用の業界標準ベンチマーク「MLPerf」 が登場!
次世代PowerEdgeサーバーでの 「MLPerf」 ベンチマーク結果を公開


   
       
   
       

 

タグ: , , , ,