デル eカタログサイト | デル製品 販売支援サイト
情報ガイドステーションメニュー
 | Windows Server のコアライセンスについて(物理編)
   
       
   
       
   
    




2016年10月に発売されたWindowsServer2016からStandardとDatacenterのライセンス形態がCPUソケット単位から、CPUに含まれるコア数単位に変更されました。
(Essentialsは変更無し、サーバー単位となります)
今回はこのコア数単位の考え方についてご紹介致します。


■物理OS(ホスト)におけるコアライセンスの考え方■

まず、コア数単位となったことで3つのルールができました。
必要なコア数を計算する場合、以下の3つのルールを全て満たさないといけません

ルール1: 物理コアの総数を満たすライセンスが必要

該当サーバーに搭載されているCPUのコア数分のライセンスを用意する必要があります。
CPUが16コアであれば、16コア分、24コアであれば24コア分必要です。
では、16コア未満の場合はどうなるのでしょうか?(ルール2に続く)

ルール2: サーバー1台当たり、最低16コアライセンスが必要

16コア未満であっても、このルールにより、物理サーバー1台当たり16コア分が必要になります。
では4コアのCPUが4つの場合は16コアで良いのでしょうか?(ルール3に続く)

ルール3: 1CPU当たり、最低8コア分のライセンスが必要

1CPUにつき8コアのライセンスが必要となります。
1CPUが6コアであっても、4コアであったとしても、1CPU=最低8コアライセンスが必要です。
ただし、2CPU以下の構成では殆どルール2に引っかかるため、ルール3は4CPU構成時のみ考慮すれば問題ありません。

例)Gold5222(4C/8T)x4CPUの場合は、4コアが4CPUとなるのでルール1とルール2を当てはめると16コアで良さそうですが、ルール3上、1CPUは最低8コア分必要となりますので、4コアx4の16コアではなく、8コアx4で32コア分必要になります。

■CPU数とコア数による必要なWindows Server コア数の一覧(図1)




一番使う機会が多いのはルール1と2ですので、ここを特に覚えておきたいですね。
それではいくつか例を挙げてみましょう。

例1:8コアのCPUを2基搭載した1台のサーバー場合
ルール1:総数を満たすには16コアライセンス必要です。
ルール2:1台当たり最低16コアですが、ルール1で16コアとなるため、条件を満たします。
ルール3:1CPU当たり8コアですが、2CPU構成となるため、合計16コア必要となります。ルール2と同じく、条件を満たします。

従って、全てのルールを満たすには16コア分のライセンスを用意すれば良い、という事になります。
では、次のパターンではどうでしょうか。

例2:6コアのCPUを2基搭載した1台のサーバー
ルール1:総数を満たすには12コアライセンス必要です。
ルール2:しかし、1台当たり最低16コア必要となります。
ルール3:1CPU当たり最低8コアですので、6コアであったとしても1CPU当たり8コア分必要です。今回2CPUですので、合計16コア分必要となります。
従ってルール2,3により16コア分のライセンスを用意しなくてはいけません。

次にコア数が多い場合について考えてみましょう。

例3:24コアのCPUを2基搭載した1台のサーバー
ルール1:総数は48コアです。
ルール2:1台当たり最低16コア必要となります。
ルール3:1CPU当たり最低8コアですが、今回は1CPU当たり24コア必要となります。

全てのルールを満たすためには48コア分のライセンスを用意する必要があります。
なお、CPUを4基搭載した場合について、ルール3の説明にて先に触れておりますのでそちらをご参照ください。



コアライセンスの選び方

Windows Server OSは2コアライセンスと16コアライセンスがあります。
これらを組み合わせて、上記のルールに則ったコア数を用意・選択する必要があります。

■PowerEdgeR640にてGold6230(20コア)x2CPU構成でWindows Serverを選択する場合

OEMのOSを選択しますと16コア分が含まれますので、不足分を追加する必要があります。
40コアから16コアを差し引くと24コアですので、以下の図2のように「ライセンス」から16コアライセンスを1本と、端数となる8コア分追加するために2コアライセンスを4本追加し、合計40コアとなるようにします。




コアライセンスを選択する際に、必要なライセンス数について組み合わせを一覧にしました。

■必要ライセンス数一覧




Windows Server のコアライセンス(物理編)については以上となります。
次回はHypervisor上にWindows Serverを構築する場合、仮想編をお送り致します。

パートナーテクニカルセールス 黒木 雄一郎



Windows Server のコアライセンスについて(仮想編)
https://japancatalog.dell.com/c/windows_server_license_virtual/

   
       
   
       
   
    

 

タグ: ,