デル eカタログサイト | デル製品 販売支援サイト
情報ガイドステーション|GPU
情報ガイドステーションメニュー
| GPU
Elastic Infrastructure for AI / ML

VMware vSphere BitfusionはGPUリソースをプール化し、共通インフラストラクチャとしてデータセンター内のあらゆる場所からネットワークを経由してGPUの利用を可能とします。これによりGPUの利用率を向上させ、GPUリソースを最大限活用できます。
Bitfusion概要

VMware vSphere Bitfusionは、ハイパーバイザーやAI/MLアプリケーションの変更や特別なソフトウェアを必要とせずに簡単に導入できるクライアント/サーバー モデル アーキテクチャに基づいています。仮想マシンまたはコンテナーであるクライアントは、AI/MLワークロードをローカルで実行し、ネットワークを経由してGPUリソースを提供するGPUサーバに接続します。
Bitfusionでは、GPUの集約と分割が可能なため、十分に活用されていないGPUをより効率的に利用できます。たとえば、通常はCPUマシンでワークロードを維持し、ワークロードにGPUが必要な場合にのみリモートでGPUを接続することで、GPUの使用率を2〜4 倍に高めることができます。
あらゆる場所からGPUを活用



Bitfusionはベアメタルサーバや導入済のvSphere環境からもネットワークを介してBitfusionが提供するGPUリソースを利用することができ、データセンタ内全体のAI/MLのワークロードにGPUアクセラレーションを提供します。
柔軟なGPU分割



Bitfusionは利用するGPUの枚数指定やGPUメモリサイズを必要な分だけ指定して利用することができます。これによりGPUサーバを特定のワークロードで占有することなく複数のワークロードで共有して利用することができます。
参考構成



Dell Technologiesが提供するハードウェアでBitfusion環境を構成することにより、圧倒的はパフォーマンスと拡張性を備えつつ、コスト効率の高いAI/ML環境を実現することができます。
PowerEdge vSAN Ready Node: Bitfusionクライアントをホストし、可用性と拡張性を提供
PowerEdge C4140,R740xd: NVIDIA v100 / T4 GPUを学習、推論のワークロード負荷に合わせて利用
関連リンク