デル・テクノロジーズ製品 販売支援サイト
情報ガイドステーションメニュー
 |  シリーズ:DELLの内勤エンジニアが〇〇をやってみた
      – 第3回 DELLの内勤エンジニアが「VRTXラックシャーシ搭載」をやってみた

   
       
   
       
   
    





第3回目は、24U ラックに VRTX ラックシャーシを搭載していきます。

・VRTX 本体
・PowerEdge M630 x 3台

VRTX は (写真1) のように木枠のパレットにて納品されます。


写真1


その際、一番下に VRTX 本体が入っており、その上に PowerEdge M630 が入っています。
(写真2)は PowerEdge M630 です。


写真2


次の箱の中にはラックレールと電源ケーブル、説明書、CD-ROM が入っています。(写真3)
(写真4) は VRTX 本体です。


写真3


写真4


VRTX 本体は二人で持っても厳しい重さ (約68.7kg) のため、三人から四人での作業をお勧めします。
(写真5) は VRTX 本体を四人で持ち上げている最中の写真です。


写真5


VRTX 本体は 5U と重量があるため、引き出したラックレールに上からマウントすることで搭載できます。
はじめにラックレールを取り付けます。(写真6) はラックレールになります。
(写真7) がラックレールの取り付けが完了した所です。


写真6


写真7


ラックレールの取り付け後、VRTX 本体を上からマウントすることで搭載できます。

その後、PowerEdge M630 を VRTX 本体にはめ込みます。(写真8)
最後にフロントパネルをつけて、ついに完成です!(写真9)


写真8


写真9


* 注意点、困ったこと
VRTX 本体を上からマウントしラックレールを収納する際に、(写真10) のボタンを押さないとうまく収納できませんので、ご注意ください。


写真10


ラックへの搭載作業が不慣れで時間がかかるかと思いましたが、20分程度で無事に完了できました!
はじめは二人で搭載ができないか挑戦してみましたが、重すぎてあきらめました。
回りの方のサポートをいただいて搭載できましたので、三人から四人での作業をお勧めします。

DELL内勤サーバー・ストレージ担当:井上 敦裕、野田 秀和

関連記事はこちら

第1回 DELLの内勤エンジニアが「ラック搭載」をやってみた
第2回 DELLの内勤エンジニアが「Windows Server 2012 R2の初期セットアップをしてみた」
第4回 プロジェクト匠シリーズ ケーブリング&導入作業のプロフェッショナル ユニアデックスさんにラック搭載をお願いしてみた


   
       
   
       
   
    

 

タグ: