デル eカタログサイト | デル製品 販売支援サイト
情報ガイドステーションメニュー
 | ハイパーコンバージドインフラ選定ガイド


Dell EMCのハイパーコンバージドインフラの特徴
 ● ハイパーコンバージドインフラのポートフォリオ
 ● 認定済み構成とアプライアンス型の違い
 ● ハイパーコンバージドインフラ機能比較表
ハイパーコンバージドインフラの選び方
 ● ネットワーク設計や運用条件から選ぶ
 ● ハイパーバイザーで選ぶ
 ● 構築方法から選ぶ



■ハイパーコンバージドインフラのポートフォリオ

VMware vSAN
Ready Node


VxRail



XC



Ready Solutions
for WSSD


SDS(※1) vSAN Nutanix S2D
Hyper Visor ESXi ESXi/Hyper-V Hyper-V
認定済み構成 アプライアンス型 認定済み構成
認定済み構成
メーカー認定済みの構成で、構築はソフトウェアのインストール作業から
アプライアンス型
メーカー認定済みの構成で、工場出荷時にソフトウェアは導入済みで構築は設定から

  ※1 SDS(Software Defined Storage, ソフトウェアで実装されたストレージ)



■認定済み構成とアプライアンス型の違い

アプライアンス型


 ○ ハイパーバイザーやストレージソフトウェアがベストプラクティスで設定済み
 ○ 一括アップデート機能が充実(ファームウェア、ハイパーバイザー、SDS等ほぼ全てのソフトウェアが対象にできる)
 ○ 統合コンソールでストレージとハードウェアの管理が可能

 × ネットワーク設定などの詳細設計に制限がある
 × バージョン管理はアプライアンスのルールに従う必要がある
 × パートナー/エンドユーザー様での構築は認定資格が必要

認定済み構成


 ○ 統合コンソールでストレージの管理が可能
 ○ ネットワーク設定や詳細設計は運用要件に合わせて検討できる
 ○ 認定資格無しでパートナー/エンドユーザー様での導入作業が可能
 ○ バージョンはハイパーバイザ/SDSの認定されている範囲で自由に管理することができる

 × 構築時にソフトウェアの導入を行う必要がある
 × ベストプラクティスはドキュメントとしてリリースされているのでそれを参考に自身で実装する必要がある
 × バージョン管理(確認・判断)は管理者様自身で行う必要がある




ネットワーク設計や運用条件から選ぶ! ハイパーコンバージドインフラの選び方


現在のネットワーク設定や
運用シナリオを踏襲したい

ベストプラクティスの設計や
それに合う運用に変更したい

vSAN Ready Node
/Ready Solutions for WSSD








VxRAIL
/XC


VMwareを使用する 

Hyper-Vを使用する 

VMwareを使用する 

Hyper-Vを使用する 


vSAN Ready Node




Ready Solutions for WSSD



VxRAIL




XC

















ハイパーバイザーで選ぶ! ハイパーコンバージドインフラの選び方


VMwareを使用する 

Hyper-Vを使用する 

vSAN Ready Node
/VxRAIL








Ready Solutions for WSSD
/XC


詳細設計を自由に行いたい

ベストプラクティスに
従いたい

詳細設計を自由に行いたい

ベストプラクティスに
従いたい


vSAN Ready Node




VxRAIL



Ready Solutions for WSSD




XC

















構築方法から選ぶ! ハイパーコンバージドインフラの選び方


自分で導入したい

導入作業は任せたい

vSAN Ready Node
/Ready Solutions for WSSD








VxRAIL
/XC


VMwareを使用する 

Hyper-Vを使用する 

VMwareを使用する 

Hyper-Vを使用する 


vSAN Ready Node




Ready Solutions for WSSD



VxRAIL




XC

















■ハイパーコンバージドインフラ機能比較表

機能 vSAN Ready Node Ready Solutions for WSSD VxRail XC
 オールフラッシュ構成
 筐体間レプリケーション
 ストレージQoS ×
 スナップショット
 重複排除 オールフラッシュのみ ○ (※1) オールフラッシュのみ ×
 圧縮 オールフラッシュのみ × オールフラッシュのみ
 セルフインストレーション 資格が必要 資格が必要
 最大ノード数 64 16 64 無制限
 クラウド連携
 GPUサポート ×
 ネットワーク連携
Fabric Design Centerで
構成可能(半自動)

Fabric Design Centerで
構成可能(半自動)

Smart Fabric Servicesで
全自動設定・管理が可能

Fabric Design Centerで
構成可能(半自動)
 一括アップデート
(対象はFW、ハイパーバイザ、SDS)

有料のvCenterプラグインでFWのみ可能

FWのアップデートは不可

全てのコンポーネントが
アップデート可能

全てのコンポーネントが
アップデート可能
   ※1 Ready Solutions for Microsoft WSSDの重複排除はWindows Server 2019でサポート予定





タグ: , , , , , , , , , , ,