デル eカタログサイト | デル製品 販売支援サイト
情報ガイドステーションメニュー
 |  Dell Technologies World 2022
      – PowerFlex 4.0 ハイレベルの概要①






PowerFlex Family



PowerFlex の基盤は、ソフトウェア ファーストの設計にあります。ベースとなるのは、x86 ノードと TCP/IP ネットワーキングを使用してスケールアウト ストレージ インフラを可能にするソフトウェア定義のブロックストレージ サービスである。PowerFlexのソフトウェアは、多くのハイパーバイザーやオペレーティング システム上で動作し、統合されます。

PowerFlex は、ハードウェア インフラ側で柔軟な消費オプションを提供します。お客様のさまざまなニーズに合わせて、いくつものコンポーネント オプションで構成することができます。

PowerFlexラックは、統合されたネットワーキングとインテリジェントなキャビネット設計を備え、完全に事前設計されたラック スケール システムです。PowerFlexラックのソフトウェアとハードウェアのコンポーネントは、導入の全レイヤーに対応する包括的な管理スタックであるPowerFlex Managerを通じて管理されます。PowerFlexラックは、導入を簡素化し、価値実現までの時間を短縮するように設計されています。

PowerFlexアプライアンスは、柔軟なノード指向のオプションであり、将来的に大規模に拡張する環境でも、導入の際は最小限で開始することができます。フルマネージド、パーシャル マネージドを問わず、より幅広いネットワーク オプションを利用することができます。ラックと同様、PowerFlexアプライアンスはPowerFlexの全機能をサポートし、PowerFlex Managerでライフサイクル管理も可能です。

PowerFlexカスタム ノードとは、PowerFlex Managerで管理されていないR650とR750ベースのノードの名称です。(注:旧来のR640, R740, R840ベースのVxFlex Ready NodeはPowerFlexにブランド変更されていません)。PowerFlex カスタムノードは、完全にテストされ最適化されたサーバーで、非常に柔軟な基盤を提供します。カスタム ノードの管理は、各ノードのシステムで個別に管理します。


Flexファミリーの主な使用例(ユースケース)


● 2 層アーキテクチャーとストレージのみ のユースケース:お客様は、PowerFlex ストレージ ソフトウェアを使用してストレージ環境を設計し、従来の 2 層 SAN アーキテクチャー モデルを構築することができます。PowerFlex の 2 層展開では、効率的な並列処理と単一障害点の排除が実現します。ストレージ ノードとコンピュート ノードは運用面で分離されているため、各インフラストラクチャーを独立して管理する柔軟性を備えています。

● マルチ ハイパーバイザーとベアメタルのサポート:PowerFlex ファミリーは、VMware® vSphere との統合に加え、他のハイパーバイザー(KVM、Hyper-V)およびベアメタル構成もサポートします。ハイパーバイザーや標準オペレーティング システムと連携できるこのユニークな機能は、ワークロードの柔軟性を提供し、新しいプロジェクトやワークロードが発生しても、組織内のグループがロックインすることなく、必要に応じて要件を変更する能力を提供します。ストレージ プールは、ESXiクラスターのサイズに制限されず、VMwareクラスターにまたがることも可能です。

● アプリケーションとデータベースのハイパフォーマンス:高いパフォーマンスが要求される複数のワークロードを統合します。PowerFlexは、1ms以下の一貫したレスポンスタイムを実現し、I/Oボトルネックを解消します。ノードを追加しても、IOPSはリニアに拡張でき、レイテンシーは1msを維持します。シームレスに拡張し、オンザフライで容量を追加できます。エンタープライズ グレードのデータ保護、マルチテナント プラットフォーム アーキテクチャーのサポート、およびアドオン機能。大規模な並列ドライブとノードのリビルドにより、ハードウェアに障害が発生した場合に迅速な修復が可能。クラスターの拡張に伴い、回復力もリニアにスケールアップします。


PowerFlex ファミリーならではの特徴:


柔軟性:PowerFlexファミリーは「フレックス」という言葉を強調し、幅広い柔軟なオプションに対応していることを表しています。PowerFlex ファミリーは、複数の方法で柔軟性を提供します。

● 1つのクラスター内でマルチ OS、マルチハイパーバイザー、ベアメタルオプションをサポートするアーキテクチャー (Linux または Windows、ESXi、RHV/KVM、Hyper-V) です。
● 導入オプションに柔軟性があり、2層またはHCI、コンピュートまたはストレージのみ、あるいは混在環境も設定できます。
 ▶ 注目すべきは、他のソフトウェアベースのSDSのように、2層アーキテクチャーとして導入してもパフォーマンス上のペナルティが発生しないことです。PowerFlexは、データ ローカリティを必要とせずにパフォーマンスを実現します。
 ▶ PowerFlexは、TCP/IPレイヤー上でストレージ コマンドを移動させるために独自のプロトコルを使用しています。効率的で軽量、かつ大規模な並列処理が可能です。
● NVMeや将来のストレージ クラス メモリを含む、複数のタイプのフラッシュをサポートします。
● また、従来のワークロードだけでなく、新しいスケールアウト ワークロードを実行できる柔軟性があります。


リニアな拡張性と弾力性:よくある誤解としては、PowerFlexファミリーは大規模なシステムのみを対象としていると思われていますが、これは真実ではありません。PowerFlex ファミリーは、その拡張性と弾力性により、あらゆる規模のお客様が(成長し、変化する)環境をサポートします。

● ボトルネックや回復力のトレードオフなしに、小規模からスタートして段階的に成長させることができます。
● 最小限のTCOで、コンピュートとストレージを個別に(または一緒に)拡張可能です。
● リニアな拡張性により、一貫したパフォーマンスとレイテンシーを実現します。
● 実行中のアプリケーションを中断することなく、アプリケーションの消費レベルでシステムを簡単に調整/拡張できます。


予測可能なハイパフォーマンスと回復力:拡張性と弾力性の上に成り立つものです。PowerFlex ファミリーは、次のような点で比類ないパフォーマンスと回復力を提供します。

● 1つのクラスターに複数の保護ドメインを設定
● 広範なフォールト トレランスと高可用性を実現する設計(単一障害点なし)
● 信頼性、再現性、高速リビルドにより、6×9のTier 1 レジリエンシーを実現
● 変動性の高いワークロードが混在している場合でも予測性を確保
 ▶ パフォーマンスと回復力は規模に応じて直線的に増加し、リビルドの速度と効率もほぼ直線的に増加
 ▶ 例) 14ノードのストレージプールで750GB SSDが故障し、344GB分のデータのリビルドが必要だった際のリビルドに要した時間:75秒
 ▶ 例) SSDプールのノードに障害が発生し、2.1TBのデータの再構築が必要だった際に、リビルド完了までの時間:261秒 (4分21秒)


フルスタック アーキテクチャー:Flexファミリーのもう1つのユニークな優位点は、M&O(運用管理性)とシングルソースのサポートです。

● M&Oをネットワーク レベルにまで拡大する能力
● システム全体の最適化:再割り当てされたストレージの最適化、極めて小さなフットプリントで低いシステム オーバーヘッド
● ハードウェアとソフトウェアの両方をサポートするシングル ソース
*PowerFlex Managerを使用しない手動アプローチと比較した場合のプルーフ ポイントおよびクレーム数

PowerFlexはメッシュとして動作するように設計されています。ストレージは論理的に細分化されますが、コンバージドでも2層でも、データ クライアントが複数のデータ サーバー(SDS)と通信しているのが見えるはずです。

ここでは、2層トポロジーの例を示しています(HCIメッシュの接続線は、もっと複雑に可視化されます)。

このアプローチは、存在するすべてのストレージ デバイスに負荷を分散させることで、スループットを最大化し、ラウンド トリップタイムを最小化するものです。次の章では、データ レイアウトをどのように実現し、ストレージ システムがより多くのデータを処理する際にそのバランスを維持するのかについて説明します。



PowerFlex 4.0



SW顧客を含む製品全体でPowerFlexの管理とオーケストレーションを統合し、新しいクライアント接続とストレージ プロトコルを追加したビッグリリースがあります。

● PowerFlex 4.0
 ▶ NVMe over Fabric (TCP) – 現在のSDC(エージェントベース)アクセスに加え、フロントエンド プロトコルとしてNVMe/TCPを追加します。
  ◇ 接続のためのエージェントは不要
 ▶ SDNAS (ファイル) – PowerFlexのブロックストレージサービスを補完するソフトウェア定義ファイルサービス(NFS/SMB)
  ◇ パフォーマンスと拡張性:トランザクションデータベースと従来のNASワークロード
  ◇ 高可用性:フェイルオーバーは30秒以内
  ◇ フォールトトレランスと回復力:LACPボンド
  ◇ ファイル メンテナンス モード:保守性運用のための新しいメンテナンス モード
  ◇ 管理・監視:UIとREST API、CloudIQの統合、SNMP v2/v3対応
 ▶ PowerFlexマネージャー
 ▶ 統合マネージャー:PowerFlexは、ユーザーエクスペリエンス、管理性、スケーラビリティ、回復力を向上させるために、統合インターフェースと完全なLCMサービスを提供する予定です。役割とスコープに基づくアクセス制御、イベント、アラート、履歴メトリックの強化、エコシステムと顧客統合を改善するための新しい共通のPowerAPIを可能にするなどの機能強化が予定されています。
 ▶ 統合カタログ:PowerFlex アプライアンスとラックにまたがる共通のコンプライアンス検証およびアップグレード管理を提供します。このリリースから、アプライアンスはラックと共通の RCM ベースを共有します。アプライアンスをインストールすると、RCM カタログからコンプライアンス結果を取得でき、アップグレードマトリクスでは、アプライアンス IC から RCM へのアップグレードが有効であると示されます(アプライアンス IC から RCM に移行します)。
 ▶ vSAN への依存を解消:PowerFlex 管理クラスターの共有ストレージ インフラストラクチャーとして vSAN への依存を解消します。
 ▶ ESE (Dreamcatcher aka Embedded SupportAssist Enabler v5)によるサービス性のモダナイゼーション:SCG (SAE 5.0) : PowerFlex ファミリーは、SRS ゲートウェイに代わるものとして、SAE 5、別名 SCG を使用する必要があります。これは、Dellが使用している最新の安全な接続ツールで、顧客と当社のシステムを稼働させるためです。これには、グリーンフィールドとブラウンフィールドの両方の導入が含まれるはずです。
 ▶ PowerFlexプラットフォーム
  ◇ セキュリティ/Fed- VPAT, FIPS HW Level 2 認定, STIG
  ◇ Cisco 96ポートスイッチ 93360YC-FX2
 ▶ エコシステム
  ◇ CSM コンテナストレージモジュール(Karavi)技術プレビュー:レプリケーション – K8s で使用する非同期レプリケーション機能を公開します。



2022/6/14

次の記事はこちら → Dell Technologies World 2022 – PowerFlex 4.0 ハイレベルの概要②


 

タグ: , ,