デル eカタログサイト | デル製品 販売支援サイト
情報ガイドステーションメニュー
 |  Dell Technologies World 2022
      – PowerFlex 4.0 ハイレベルの概要②






前回の記事はこちら → Dell Technologies World 2022 – PowerFlex 4.0 ハイレベルの概要①


PowerFlex File – 設計原理



● NASノード
 ▶ NASコンテナをホストする専用ノード
 ▶ PowerEdge R650ベースのNASノードを使用するPowerFlex Applianceとラック

● NASクラスター
 ▶ PowerFlexシステム(MDM-cluster)ごとに1つのNAS clusterが存在します。
 ▶ 1つのNASクラスターには、2~16の物理NASノードが搭載可能です。

● ストレージ プール
 ▶ 各プロテクション ドメインには、NAS専用のストレージ プールがあります。
 ▶ NASサーバー “用のNAS構成ボリュームを格納するためのSP
  ◇ SPはユーザーファイル システムにも使用可能
  ◇ 「NASサーバー」
 ▶ データの分離を提供する論理構成
  ◇ 「NASサーバー」は複数のファイルシステムをホストする
  ◇ NASサーバーのコンフィギュレーション・ボリュームはシン・プロビジョニングされる

● ファイルシステム
 ▶ 親である「NASサーバー」にバインドされます。
 ▶ 単一の専用PowerFlex(ブロック)ボリュームによって提供され、ユーザーには透過的です。
 ▶ ユーザーファイルシステムは、PowerFlexブロックボリュームのパフォーマンスとデータ回復力をフルに活用することができます。

● サポートされるプロトコル
 ▶ NFSおよびSMBのサポート(NFSv3およびv4、SMBv2およびv3)
 ▶ FTPおよびSFTP

● ファイルシステム操作
 ▶ ユーザークォータとツリークォータ
 ▶ ファイルシステムの拡張/縮小(スペースリクレイム)
 ▶ ファイルシステムの読み取り/書き込みスナップショット

● ワークロード
 ▶ トランザクション データベースと従来のNASワークロード

● データ削減
 ▶ インライン圧縮

● 管理・監視
 ▶ UIとREST API
 ▶ CloudIQの統合
 ▶ SNMP v2およびv3のサポート

● データ保護
 ▶ バックアップのための3ウェイNDMPのサポート

● セキュリティ
 ▶ CAVA (SMBクライアント用共通アンチウイルスエージェント)
 ▶ D@REとCloudLink

● サービス性
 ▶ SRS/ESE(コールホーム)
 ▶ アラート
 ▶ データ収集(ネイティブ監査ログ)



PowerFlex SDCホスト接続



PowerFlex 4.0 NVMe/TCP

● NVMeは、直接接続されたPCIe SSDのために設計されました。
 ▶ シンプルで効率的なTCP/IPファブリックを使用したNVMe over fabrics (NVMe-oF) に拡張されました。
 ▶ TCPトランスポートは、標準的で相互運用可能なソリューションを提供します。
 ▶ 既存のネットワークとハードウェアの利用が可能です。
 ▶ ホストは、主流のLinuxディストリビューションやESXiで既に利用可能な標準的なNVMe/TCP OSドライバを使用することが可能です。
 ▶ NVMe/TCPは新しい技術です。
 ▶ エコシステムはまだ進行中であり、今後ファイバーチャネルに追いつく必要があります。



PowerFlex – NVMe/TCPホスト接続への移行(フロントエンド)



NVMe/TCPの導入

● PowerFlex Managerを使用した展開(ストレージノード)
● 2層展開 (HCIも順次対応)
● メインストリームLinuxとESXiをサポート
 ▶ ESXi 7.0U3、RHEL 8.6以降、SLES 15SP3、Ubuntu 20.04
● SDC不要のストレージ接続
 ▶ 専用カーネルドライバを必要としない
● PowerFlex SDCと共存可能
 ▶ SDCとNVMe/TCPは同じシステムを共有可能(同じボリュームを共有することはできない)
● SDC接続は依然としてNVMe/TCPを凌駕しています。



PowerFlex IOパス






PowerFlex 4.0:統合管理



● Installation ManagerとGateway (IM-GW)
 ▶ PowerFlex コア ソフトウェアのデプロイとアップグレード
 ▶ PowerFlex コア ソフトウェアのREST API
 ▶ 自己 RBAC
 ▶ PowerFlex ストレージのアラート
 ▶ SNMP, SRS, CloudIQ

● Presentation Server
 ▶ PowerFlexコア ソフトウェアのWebUI
 ▶ 自己RBAC
 ▶ PowerFlexコアのアラート

● PowerFlex Manager (PFxM)
 ▶ ラックとアプライアンスのデプロイメントとLCM(ノードとサポートスイッチを含む)
 ▶ PowerFlex ManagerのREST AP
 ▶ 自己RBAC
 ▶ HW/ネットワークアラート(IM-GWポーリングPowerFlexコアSWを使用)
 ▶ SNMP, SRS, CloudIQ



PowerFlex Management 4.0



● PowerFlex Manager(UX、API、CLI)
 ▶ 統合されたWebUI
  ◇ ラック、アプライアンス、PowerFlexコアSW用のREST API
  ◇ ブロックとファイルサービス
  ◇ SDCおよびNVMe/TCPホスト
 ▶ (すべてのAPIのための)単一のRESTエンドポイント
  ◇ レガシーと最新のISG標準のPowerAPI
 ▶ 統合されたサービス
  ◇ デプロイメントとLCM
  ◇ 統合されたRBACとユーザー管理
   ・ 個別のユーザーやLDAPの構成は不要
   ・ 単一のロールセット
  ◇ セキュリティ
  ◇ イベント、アラート、レポート
  ◇ ロギングとメトリクスの収集
  ◇ SNMP、SRS、SMTP、CloudIQ
 ▶ 弾力的な管理スタック(HA)
 ▶ モジュール式で拡張可能

下の画面は新しい4.0ダッシュボードです。





PowerFlexの優位性


PowerFlexの優位性についてご説明します。


1|制約のないソフトウェア定義インフラで、制約のないコンソリデーションを実現

PowerFlexは、幅広いコンソリデーション イニシアティブのための強力なプラットフォームです。PowerFlexは、ブロック ストレージ、ファイル ストレージ、コンピュート リソースを統合したシステムとして提供するとともに、共通のプラットフォームで幅広いハイパーバイザーとオペレーティングシステムをサポートします。また、PowerFlexは業界標準のNVMe/TCP接続性を使用します。これらの機能により組織は要件や動作環境が異なる多様なワークロードを最適に統合することができます。


2|適応性の高いアーキテクチャーでITの応答性を向上

PowerFlexはコンピュートとストレージのリソースを柔軟かつ無停止に拡張し、特定のボトルネックに対処することができます。リソース プールの迅速な構成と組み換えが可能であり、変化するビジネス ニーズに柔軟に対応します。複雑な計画を立てることなく、ニーズに応じてリソースプールを拡大・縮小することができます。


3|スマートな最適化により、優れたパフォーマンスとスケーラビリティを実現

ソフトウェア主導型による最適化により、ノード間のリソースを統合し、データパスと配置を最適化することで、ミリ秒以下のレイテンシーで無制限のIOおよびスループット性能を実現します。このアーキテクチャーは、数百ノードまでリニアに拡張可能であり、高性能データベースや大規模アプリケーションの統合などに適しています。


4|自己修復機能により、中断のないサービスを実現

PowerFlexは、複数の障害にもサービス停止やパフォーマンス低下を起こさずに運用し続けることができます。PowerFlexは、リソースを継続的に監視し、故障したドライブやノードに存在するデータセットを迅速に再構築することで、パフォーマンス目標に準拠しながら、中断のないサービスの可用性を保証します。


5|インテリジェントな洞察と統合管理により、大規模な運用を簡素化

PowerFlex システムの統合管理ツールセットである PowerFlex Manager は、管理時間を最大 95% 削減、運用に必要なステップ数を 77% 以上削減することのできる自動化を提供し、IT 運用とライフサイクル管理を簡素化します。CloudIQインテリジェント インサイト管理ツールとの統合により、シームレスなクラウドベースのAIOpsメカニズムを提供し、分散したマルチロケーションのPowerFlexの監視を大幅に簡素化します。


6|幅広いハイパースケーラーのサポートにより、マルチ クラウドの俊敏性と柔軟性を最大化

PowerFlex は、マルチ クラウドの展開において、選択肢と自由を提供します。AWS EKS Anywhere、Google Cloud Anthos、Azure Arc対応Kubernetesなど、主要なハイパースケーラーのプラットフォームをサポートしており、オンプレミスのPowerFlexインフラと統合することにより、マルチクラウド運用を簡素化することが可能です。


7|包括的なツールでDevOpsの生産性とITの俊敏性を強化

PowerFlexは、ハイパースケーラーのサポートに加えて、Red Hat OpenShift、SUSE Rancher、VMware Tanzuなどのベアメタルやハイパーバイザー上のさまざまなオンプレミスのコンテナ オーケストレーション プラットフォームをサポートしています。PowerFlexは、Dell Container Storage Modules(CSM)とCSIドライバを通じて、Kubernetesのストレージ運用を簡素化します。さらに、PowerFlex REST API、PowerFlex Ansibleモジュール、Dell AppSyncなどの豊富ですぐに使えるツールセットを提供し、DevOps、インフラ管理、およびDBAワークフローを自動化することができます。


8|豊富な検証済みエコシステムでワークロードの実行を最適化

PowerFlexは、幅広いエンタープライズ ワークロードを検証することで最適化を行っており、卓越したパフォーマンスを実現します。PowerFlexは、ハードウェアの設置面積を最小限に抑えながら、IO集約型のトランザクションやスループット集約型の分析ワークロードに最高のパフォーマンスと予測可能性を提供します。


9|エンタープライズ データ サービスを提供し、データの保護とコンプライアンスを強化

PowerFlexは、圧縮、暗号化、スナップショット、レプリケーションなどのエンタープライズ データサービスを提供し、あらゆる企業の要件に対応できるよう支援します。PowerFlexとDell PowerProtect Cyber Recoveryは、これらのミッション クリティカルなIT資産の回復力と保護をさらに強化します。


10|Dell Technologiesは組織の長期的な成功のための信頼のパートナーであり続けます

PowerFlexは、Dell Technologiesが設計、導入、およびサポートを一貫して行います。これまでのノウハウを活かして導入サービスを安心して提供します。PowerFlex をご利用のお客様は、以下の分野でDellのサービスを利用することができます。


● APEX Flex on DemandおよびAPEX Datacenter Utilityによる柔軟なオンデマンドの消費型モデル
● Dell ProDeploy Enterprise Suiteによる迅速なシステム導入
● Dell ProSupport Enterprise SuiteとOptional Support Services for Enterpriseによる、複雑な環境に対する包括的なサポート
● デルのFuture-Proof Programにより、投資の最大化、将来の保護、および成果の保証


2022/6/16


 

タグ: , ,