デル eカタログサイト | デル製品 販売支援サイト
情報ガイドステーションメニュー

 |  パートナー様配信 メールコンテンツバックナンバー
   配信日2020年7月第5週

■営業/SE向け

※本週は営業向け、SE向け同じ内容となります。

大暑の候、平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。
今回は以下の2TopicとDellEMC通信の3本立てでお送りいたします!

◆–ご紹介トピック——————————————————————◆
【1】技術担当教えるラックサーバーの選び方(前編)
【2】vCenterからハードウェア管理(ProactiveHAって何?)
【3】DellEMC通信
◆——————————————————————————–◆

【1】技術担当教えるラックサーバーの選び方(前編)
いつも弊社PowerEdgeでご提案頂き有難うございます!
そんなPowerEdgeは業界一幅広いポートフォリオでお客様の多様なニーズにお応えしておりますが、
どれを選んで提案するのがいいのかよくわからない!というお客様、是非ご覧ください。

■用途
1:ActiveDirectory、WSUS
お薦めはPowerEdgeR340です!
電源冗長化、ホットプラグ対応、CPUは最大8コアまでのCoffeeLakeを搭載。
AD、WSUSレベルであれば、R340クラスで十分に対応できます!
(ユーザー数によっては必要スペックが変更となる可能性がございます)

https://japancatalog.dell.com/c/R340_Config

2:ファイルサーバ、バックアップサーバー
⇒20TB以上!大容量のお薦めはR740xdです!
最大3.5インチx18本(フロント12:内蔵4:リア2)を搭載可能。
16TBをフル搭載すると、RAID5+ホットスペアでも256TB搭載可能!

https://japancatalog.dell.com/c/R740xdConfig

⇒20TB以下のファイルサーバーであれば、R340やR440クラスがお薦めです!
 最大3.5インチx4となりますので、12TBx4本でRAID5+HS構成で24TB確保!

https://japancatalog.dell.com/c/R440Config

上記の間にはR540(3.5インチx14本)のモデルもございます!迷ったら即、ご連絡ください!

次回は仮想化・データベースと、GPUお薦め製品をご紹介します!
■■■サーバー選定ガイドはこちらから!■■■
https://dell.to/2WYytDD

【2】vCenterからハードウェア管理(ProactiveHAって何?)
Proactive HAとはvSphere 6.5で実装されEnterprise Plusライセンスで利用できる機能です。
この機能を利用するには、サーバベンダーが提供している「Proactive HAプロバイダ」が必要になります。
デル・テクノロジーズが提供している「Proactive HAプロバイダ」が以前ご紹介しました、OMIVVになります。

「vSphere HA」と「Proactive HA」の違いとは?
https://dell.to/3jMnuHc

【3】DellEMC通信
教えてください!御社にサーバ活用術~従業員数99名以下のお客様~

中小規模の法人のお客さま(従業員数99名以下)が、どのようにサーバーを活用され、
サーバーがどのようにお客さまのビジネスを支えているのか、
Dell EMC PowerEdgeをお使いのお客さまに直接お伺いしてみました。

https://japancatalog.dell.com/c/interview



●メールコンテンツバックナンバー一覧はこちら


 

タグ: ,