デル eカタログサイト | デル製品 販売支援サイト
情報ガイドステーションメニュー
 |  VxRail 7が早くもリリースされました!
     導入とバージョンアップのコツとヒント
   
       
   
       
   
    





こんにちは。Dell EMCの金田です。
平素はVxRailのテクニカルサポートとして、VxRailを運用中のお客様を支援しています。サポート業務の傍ら、Dell Communityへの投稿やVMware Communityへのドキュメントとブログの執筆などを通じて、VxRailに関する情報を発信したり、ユーザの疑問質問に可及的速やかに回答したりする活動もしています。
Dell Communityは誰でも気軽に質問を投稿できるコミュニティ(もちろん日本語OK!)ですので、興味のある方は文末の関連記事などもご確認頂ければ幸いです。

さて、今回は4月末にリリースされたVxRail 7.0.000についてです。
これまでの最新のバージョンはVxRail 4.7 (vSphere/vSAN 6.7)だったのにいきなりVxRail 7 !? と驚かれた方もいらっしゃると思いますが(かくいう私もその一人)、VxRail 7 に同梱されるvSphere/vSAN 7に合わせる形でバージョンのナンバリングが変更されたためです。
既存のVxRail4.7(vSphere/vSAN 6.7)の後継バージョンとして、もちろんバージョンアップも可能ですのでご安心いただければと思います。



■目次

・ VxRail 7.0.000へのバージョンアップ 準備段階におけるコツとヒント
・ VxRail 7 へのバージョンアップ作業はいつもの作業とは異なる点があります
・ VxRailを新規に導入する際にVxRail 7で構築することも可能です
・ まとめと参考情報



■VxRail 7.0.000へのバージョンアップ
 準備段階におけるコツとヒント

VxRailのバージョンアップ手順はこれまでと大きく変更はありませんが、準備・検討段階で従来のバージョンアップの流れとは異なる点、現時点で気を付けるべき注意ポイントがいくつかあります。


バージョンアップファイル(Composite Upgrade Package)のダウンロード方法が従来の方法とは異なります

これまでのVxRailのバージョンアップ用ファイルはすべてサポートサイトからダウンロード可能でした。しかし、VxRail 7へのバージョンアップについては、重要な注意ポイントがいくつかあるため、不慮のバージョンアップを予防する意味で直接のダウンロードはできなくなっています。代わりに下図のようにREADMEファイルが公開されており、その中で作業手順を生成するサービスツールであるSolveOnlineの手順書を確認したうえで、同書内に記載のURLからダウンロードが可能な旨が示唆されています。したがって、まずはSolveOnlineから手順書を生成し、内容を確認する必要があります。本記事にSolveOnlineの手順書に記載の制限、および注意事項をカバーします。




VxRail 7.0.000 へバージョンアップ可能な既存バージョンを確認しましょう

VxRail 7.0.000へバージョンアップ可能な既存のバージョンについては、リリースノートからご確認頂けます。詳細については上記のリリースノートをご確認頂く形になりますが、ここでは特に重要な2点について記載させて頂きます。

1.VxRail 4.5/4.7からのバージョンアップが可能

vSphereの制限と同様に、VxRail 4.0.x 系(vSphere 6.0系)からVxRail 7への直接のバージョンアップはできません。
現在利用されているバージョンに応じて2~3段階のバージョンアップ作業が必要となります。それに伴いバージョンアップに掛かる時間が多くなりますので作業調整には考慮が必要です。(VxRailは1回のバージョンアップで1ノードあたり1~2時間程度考慮します)

2.VxRail 4.7.411からVxRail 7.0.000へのバージョンアップはできない

VxRail 4.7.411からVxRail 7.0.000へのバージョンアップはサポートされていません。VxRail 4.7.411からVxRail 7.0.000にバージョンアップする場合はVxRail 7 次期リリース(vSphere 7 P1 or U1) を待たなくてはいけませんので、早々にVxRail 7 (vSphere/vSAN 7)へのバージョンアップが必要になることが予想される環境では4.7.411へのバージョンアップはせずに、4.7.410を採用する必要があります。同じことがノード追加にも言えます。VxRail 4.7.410で構成されたノードはVxRail 7.0.000に追加できますが、4.7.411で構成されたノードはVxRail 7.0.000に追加できません。VxRail 7.0.000 クラスタに追加できるVxRailのバージョンについてはVxRail Add Node Matrixご参照ください。
※VxRail 7.0.000にVxRail 4.7.xのノードを追加した場合、追加したノードは自動的にVxRail 7.0.000にバージョンアップが実行されます。バージョンが混在することはありません。

VxRail 7.0.000へのバージョンアップパスと、VxRail 7.0.000に追加可能なノードのバージョンを以下に示します。詳細と最新情報についてはVxRail 7 リリースノード(英語のみ)VxRail Add Node Matrixをご参照ください。






ハードウェアに関連する制限があります

既存のバージョン以外にも、いくつかハードウェアに関する重要な制限事項があります。

1.旧世代の VxRail 60~280、G410は7.0.000をサポートしていません

PowerEdgeベース以前の旧世代であるVxRail 60~280、G410はVxRail 7へバージョンアップすることができません。これら旧世代モデルを含むクラスタはVxRail 7へのバージョンアップしようとすると事前のチェックでエラーとなって、バージョンアップ作業へ進むことができません。

2.GPUを利用している場合は現時点ではVxRail 7.0.000へのバージョンアップができない

GPUを利用されている環境の場合、ドライバーの対応状況などの問題でバージョンアップすることができません。次期リリースを待つ必要があります。




ライセンスも対応が必要です

VxRail 4.x (vSphere/vSAN 6.x) からVxRail 7(vSphere/vSAN 7.x)にバージョンアップするためには、ライセンスもバージョンアップする必要があります。Sphere6.x/vSAN6.xで利用していたライセンスをそのままvSphere7.x/vSAN7.xで利用することはできません。VxRail 7 (vSphere 7)にバージョンアップした直後は60日間の評価ライセンスが有効になります。(最初に導入した時と同じ状態)ライセンスを準備できていなかったとしても即座に問題が発生するわけではありませんのでご安心下さい。VxRail 7 へのバージョンアップに関連して確認、および対応が必要となるライセンスは、vSphere、vSAN、vCenterの3つです。

VxRail環境のvSphere(ESXi)のライセンスについては、お客様にて管理されているものとなりますので、VMware社のユーザポータルサイトのMyVMwareにお客様のアカウントでログインしてライセンスをバージョンアップして下さい。そして、新しいライセンスキーをVxRailへ再適用する必要があります。

vSANライセンスについては、VxRailのEmbedded License(VxRail 4.5.x以前)と、OEMライセンス(VxRail 4.7.x以降)によって対応が異なります。Embedded Licenseの場合は、VxRailのUpgradeの際に自動でライセンスが書き換わりますので事前準備や当日のライセンス関連の作業は不要となります。VxRail 4.7以降で導入し、OEMライセンスを購入されているものに関しては、ライセンスはお客様管理となりますので、MyVMwareからvSANライセンスをバージョンアップして頂き、VxRailに適用する必要があります。

vCenterライセンスに関しては、内部 vCenterを利用されている場合は、Embedded Licenseとなりますので事前準備や当日のライセンス関連作業は不要です。外部vCenter構成の場合は、vCenterそのもののバージョンアップおよびライセンス管理はお客様にて実施頂く作業となります。

まとめると以下のようになります。




対応が必要な場合のライセンスバージョンアップ方法及び適用方法については、下記のドキュメント及びコミュニティをご参照ください。

Administration Guide 7.0 ※Licensing your VxRail Applianceの項目を参照
How to upgrade license key in MyVMware
VxRail:VxRailに使用するVMware License keyの取得、適用方法 ※4. vSphere ライセンスキーの割り当てに関して、を参照


vCenter Server Appliance(vCSA)/Platform Service Controller(PSC) 仮想マシンが統合されます

VxRailの導入時に内部 vCenterを選んだ場合、vCSAおよびPSCは独立した仮想マシンとしてデプロイされていますが、VxRail 7.0へバージョンアップを実施すると自動的に一つの仮想マシンへ統合が実施されます。その際に、vCSAが新規にデプロイされ、既存のvCSA/PSCからデータがマイグレーションされます。このマイグレーション作業のために、既存vCSA/PSCで使用しているIPアドレスと同じサブネットのIPアドレスを一時的に1つ準備して頂く必要があります。なお、VxRail v4.7までPSCが利用していたIPアドレスは、VxRail 7.0へのバージョンアップは使用されません。また、vCSA/PSCの統合前と統合後で使用できる機能などに変化はありません。



■VxRail 7 へのバージョンアップ作業はいつもの作業とは異なる点があります

VxRail Manager 仮想マシンのディスク拡張が必要になることもあります

VxRailのバージョンアップでは、バージョンアップファイルがGUIを通じてVxRai Manager仮想マシンにアップロードされる仕組みになっています。VxRail 7のバージョンアップファイルはサイズが大きいため、VxRailの既存バージョンによっては手動でのディスク拡張作業が必要となります。対象となるのは、VxRail のバージョンがv4.5.401より前(v4.5.401は含まない)、v4.7.301より前、およびv4.7.400です。拡張作業手順に関してはSolveOnlineをご参照ください。



外部vCenterと外部PSCをご利用の場合の追加作業

VxRailの外部vCenter構成では、PSC統合型とPSC外部型の2つのパターンがあります。それぞれの構成の違いについて不明な場合はこちらをご覧ください。外部vCenter環境で外部PSCを利用している環境の場合でも、お客様がvCenterをvSphere 7にバージョンアップすることで、外部vCenterと外部PSCが一つのVCSAに統合されます。そのため、VxRail側で管理されるPSCのIP/FQDNをvCSAと一致させる処理が必要となります。(VxRailの内部vCenterと内部PSCを利用している場合は、この更新作業は自動で実施されます。)
VxRail側のPSC IP/FQDNの更新作業は外部vCenter/PSCのバージョンアップ後、且つVxRailクラスタのバージョンアップ前に実施しておく必要があります。
つまり、
1.外部vCenterのバージョンアップ(お客様)
2.VxRail側でのPSC IP/FQDN更新作業実施(お客様)
3.VxRailのバージョンアップ(お客様 or Dell EMCリモートサポート)
の順で実施が必要です。 VxRail側でのPSC IP/FQDN更新作業実施の実施手順については、Dell EMC KB:543028にスクリプトが準備されていますので、こちらの手順に従い実施頂く必要があります。



■VxRailを新規に導入する際にVxRail 7で構築することも可能です

本稿執筆時点(2020年5月)では、VxRail7を出荷バージョンとして選ぶことはできません。VxRail 4.5 もしくは4.7で出荷されたノードから構築する必要がありますが、VxRail 7で構築するための選択肢としては、以下の2つの方法があります。

①VxRail 4.5/4.7で初期構築を実施した後にVxRail 7にバージョンアップする
②あらかじめノードをVxRail 7のRASR Imageで初期化した後に初期構築を実施する
但し、VxRail 4.5.xで出荷されたノードについては、ライセンスの都合②の方法をとることはできませんのでご注意ください。



■まとめと参考情報

本記事ではVxRail 7へのバージョンアップにおける代表的な注意事情についてご説明させて頂きました。いくつかの制限事項や追加の作業などはあるものの、既存環境を含む弊社ラボ環境でも既に何度もバージョンアップしてますが、目立った問題もなく安全にバージョンナップできています。リリースされたばかりでまだまだ不安と期待が入り混じる時期ではありますが、VxRailユーザのお客様で、VxRail 7を使ってみたい!というお客様は本記事を参考にして頂けましたら幸いです。また、本記事で紹介しきれなかったより詳細な留意点については下記のドキュメントに記載がありますので、参考情報としてご確認頂ければと思います。

<参考情報>
VxRail: 4.5.x/4.7.x -> 7.x へのUpgradeに事前と事後の留意点について: https://communities.vmware.com/docs/DOC-41716
SolveOnline: https://solveonline.emc.com/solve/home
VxRail7 Release Note: https://support.emc.com/docu98130_VxRail-7.0.x-Release-Notes.pdf
VxRail Add Node Matrix: https://support.emc.com/docu92203_VxRail-Appliance-Node-Addition-Matrix.pdf
vSphere 7 Upgrade Best Practices (78205): https://kb.vmware.com/s/article/78205
Important information before upgrading to vSphere 7.0 (78487): https://kb.vmware.com/s/article/78487
Administration Guide 7.0: https://support.emc.com/docu98131_VxRail-7.0.x-Administration-Guide.pdf
How to upgrade license key in MyVMware: https://kb.vmware.com/s/article/2006974
VxRail:VxRailに使用するVMware License keyの取得、適用方法: https://communities.vmware.com/docs/DOC-40504#jive_content_id_4_vSphere_
Dellコミュニティ アカウント作成方法: https://dell.to/3bIk6rw
Dell Community ヘルプ: https://www.dell.com/community/help/faqpage#personalization



Dell EMC
Converged Platforms and Solutions Division
Technical Support Engineer
金田直之(かねだなおゆき)




関連記事はこちら

どーなってるの!?vSphere 7 を超速解剖!
vSphere 7 What’s New ~vSphere 7 の4大アップデートポイント~
vSphere7で実装されたコンテナ技術のオーバービュー
いまさら聞き難い・・・コンテナって何なの?何でvSphere上にコンテナ??
コンテナデータをvSphereでどう管理する?VCPってご存じ??
VxRail 7が早くもリリースされました! 導入とバージョンアップのコツとヒント
話題のvSphere7 を 触ってみた!実際の現場で使う部分にフォーカス!
vSphere 7検証レポート :vSphere Lifecycle Managerを触ってみた!


   
       
   
       
   
    

 

タグ: , , , , , , ,