デル eカタログサイト | デル製品 販売支援サイト
情報ガイドステーションメニュー
 | ~VxRailの導入後どんな運用になるのか気になりますよね~
  恐怖の計画停電・・・VxRailならシャットダウンが楽チン!
   
       
   
       
   
    





Dell Technologies で西日本を中心に活動しているセールスエンジニアの片山倫哉(かたやまともや)です。

VxRail運用ブログの第二弾です。(第一弾はこちら
今回の内容は、定期的にサーバー管理者を悩ませる “アレ” です。



自分の会社都合ではなく、建物全体の定期的な計画停電はいまだに結構ありますよね。

年に数回ある計画停電のたびに、様々な部署とのスケジュール調整に時間をかけ、多く稼働するサーバーの停止順序を考えながら手順書を作ったりすることもあったりするのではないでしょうか。
かける手間にたいして、得るものが何もないという虚しいお仕事――。

むしろ、復電時に機材が壊れてしまうという余計なおまけがついてくることもありそうです。


◆VxRail なら操作も安全!◆

VxRailはvSANベースのHCIアプライアンスですので、vSANをご存じの方なら大体の人が言うことが1つあります。
それはなにか。これです。

「vSANはシャットダウンのオペレーションミスからのデータの安全性が心配」



でも安心してください。 オペレーションミスを防ぐための機能がVxRail には備わっています。



~具体的な操作~

1.
vSphere Client からクラスターのアイコンを右クリックし、[VxRail] – [シャットダウン] をクリックします。



2.
ようこそ画面が表示され、[次へ] ボタンをクリックします。



“検証”画面が表示され、シャットダウンするにあたり必要な事前検証を行ってくれます。
一般的なHCIだとここまで親切かつ安全に検証してくれません!
  ※もちろん事前にできる仮想マシンの停止などの作業は実施をお願いします。



事前チェック項目は多くあり、すべての仮想マシンがシャットダウンされたか、クラスターの同期状態の確認などが存在します。
「合格」の表示が改行されているのはご愛嬌です 笑



3.
VxRailクラスターのシャットダウンをするには、[次へ]ボタンをクリックします。



4.
クラスターのシャットダウンですので、シャットダウン前にはvSphere HA を無効にし、DRSを無効化したりなども行ってくれます。
また、VxRailにはVxRail Manager という仮想マシンが存在していますので、最後にシャットダウンするESXiホストに移行(vMotion)してから、順にESXiホストをシャットダウンしてくれます。
運用者の視点だと余計なことを考えなくていいのはすごく楽ですよね。



5.
“サービスVM”というのがVxRail Managerを意味します。
準備が整ったらすべてのESXiホストをシャットダウン開始します。



これで無事にすべてのVxRail を ”ラクに” シャットダウンすることができます。
運用者の視点に立った機能だなぁと感じています!




今回はVxRail 4.7.300 でのご紹介でございましたが、VxRail はバージョンごとにノードの追加方法や安全にシャットダウンする方法などの多くの手順書をSolve Online というページで公開しています。バージョンごとの注意事項などもありますので、VxRailをご利用時は要チェックです!


https://solveonline.emc.com/

2020年3月時点でVxRailのパワーオン、パワーオフ手順書に記載の注意事項KBは以下2つです。
———————————————————-
VxRail: vSAN cluster shutdown and restart may lead to data unavailability after a single failure (Related VMware KB# 60424)
https://support.emc.com/kb/528792
VxRail: Enter/exit Maintenance Mode and VxRail shutdown/startup with Horizon Air Hybrid-Mode deployed
https://support.emc.com/kb/490875
———————————————————-



いかがでしたでしょうか。

お客様にVxRailの導入メリットとして運用のラクさを説明する機会がDELLEMC社員は多いのですが、具体的な例をご案内するタイミングが少ないことあるため、今回は計画停電を例に記載しました。

運用視点の連載はまだまだ連載しますので、乞うご期待!!



片山 倫哉(かたやま ともや)
DELL EMCセールス部門に所属するパートナー様の支援を行うセールスエンジニア。
前職ではプログラマー、仮想化のサポートエンジニアを経験後、プリセールス部門に転身。
HCI以外にもPCのマウスをこよなく愛する1児の父。



   
       
   
       
   
    

 

タグ: , , , , , , , , ,