デル eカタログサイト | デル製品 販売支援サイト
情報ガイドステーションメニュー
 |  HPC分野における「AMD ROME」の優位性
  ~ISVアプリ性能起点から

   
       
   
       
   
    





なぜ今AMDなのか。 パート1 

ロードマップ

※発表/提供/出荷時期を保証するものではございません。ロードマップについては公開情報を元に作成しているため、保証できない点は予めご了承ください。



なぜ今AMDなのか。 パート2 

ベンチマーク結果から

Intel:Gold 6248 vs AMD/ROME 7702(64c)、7452(32c)
・LS-DYNAは32coreのCPUで同一並列数の性能はほぼ同等。
 大幅なノード数削減がAMD/ROMEの利点。

LS-DYNA:ODM10M (オフセット衝突:下記動画参照)
 ① ROME 7452は、Gold 6248と比べ同一並列数で性能は同等
 ② ノード数は「3割程度」の削減が見込める。
 ③ ROME 7702は、Gold 6248と比べ同一並列数で性能は2割程度劣化するものの、ノード数は3分の1(7割)程度の削減が見込める。



フルボディ


衝突部拡大:左から剛体、緩衝材、ボディ
緩衝材によりボディ変形(損傷)が軽減される事がわかります!!
微妙に見えているサイの目が、メッシュと呼ばれるものです。






なぜ今AMDなのか。 パート3 

ポートフォリオ

5機種展開しているのはDell Technologies のみ!!!





なぜ今AMDなのか。 パート4 

最適なCPU探査が可能なDell Technologies のベンチマークリソース (枠内がHPC & AI LabにあるCPU)





まとめ

・AMD/ROMEは、Intel/CLXと比較し、性能は同等で、ノード数の削減が大幅に見込める。逆に言うと、同等予算で、より多くのサーバが買える!!
・AMD搭載サーバについて、Dell Technologies はラインナップとして充実している。
・同一core数のCPU-SKUが複数あり、ベンチマークリソースは充実しており、お客様に最適なCPUを提案できる。



留意事項
・CPU指定の仕様とならないようお客様と調整が必要である。折角最適なCPUを提案しても意味なし。例えば「32core以上」、Intelも加味し、「16core以上のCPUとする事」など。
・AVX512に対応しているSVアプリ(構造解析・静解析:Nastran, ABAQUSなど)は、IntelCPUに分がある。
・1ジョブとしての性能を重視する場合(ライセンス数が少ない、ユーザ数が少ないなど)にも、Intelに分がある場合がある。


2020/10/16


   
       
   
       
   
    

 

タグ: , , , ,