デル・テクノロジーズ製品 販売支援サイト
情報ガイドステーションメニュー
 | KVMのカスケード

   
       
   
       
   
    





(この記事は、Dell KVM・KMMインテグレーションパートナーのダイトロン株式会社様から寄稿していただきました)

こんにちは、Dell KVM・KMM インテグレーションパートナーのダイトロンです。DellブランドKVM・KMMをご利用頂いているお客様、ご検討中のお客様に有益な情報を当BLOGで配信していきます。

Dell KVMはアナログモデルで8、16ポートの二機種、デジタルモデルで8、16、32ポートの三機種で展開していますが、それ以上の機器を1つのコンソールでモニタリングしたい場合はカスケード機能をご利用頂けます。

カスケード方法については、下記参照図面をご参照ください。

マスター側のポートとカスケードスレーブ側のACIポートをCAT5ケーブルで接続
UTPケーブル推奨


cascade


カスケード用ACIポート

cascade_port


このカスケードを利用する事によって、最大1024台の機器を1コンソールで管理可能です。

アナログ8ポート: 最大128台(8ポート x 16ポート)
アナログ16ポート: 最大256台 (16ポート x 16ポート)
デジタル8ポート: 最大256台(8ポート x 32ポート)
デジタル16ポート: 最大512台(16ポート x 32ポート)
デジタル32ポート: 最大1024台(32ポート x 32ポート)

また、マスターKVMから末端の機器までの最大ケーブル長は30mとなりますのでご注意ください(例、マスターKVMとスレーブKVM間のケーブル、及びスレーブKVMと末端機器間のSIPケーブルの合計が最大30m)



2021/03/12


バックナンバーはこちら

Dell KVM・KMMのラインアップ
Dell KVM・KMMを選択する理由
Dell KVM・KMMの国内保証プログラム
Dell KVM・KMMは入力電圧100Vでも200VでもOK
1Uに KVM・KMMを収納
KVMのカスケード


   
       
   
       
   
    

 

タグ: ,