デル eカタログサイト | デル製品 販売支援サイト
 | vSphereの構築準備を削減できるのはDell EMCだけ!
          ~vSphereをアクティベート済みで出荷可能になりました~

   
       
   
       
   
    





以前からvSphereをプリインストール済みのPowerEdgeを出荷させていただいておりましたが、その場合ライセンスのアクティベートはお客様(パートナー様)で実施頂く必要がございました。

この度ライセンスのアクティベートも実施された状態でPowerEdgeを利用できるようになりました!
そして、なんとアクティベートまで実施して出荷※できるメーカーはDell EMCだけ!!!
※アクティベートモデル注意事項:
 ライセンスモデルはvSphere Standardのみ対応となります。
 1ソケット・2ソケットのPowerEdgeが対象となります。
 サポート込みの期間限定ライセンスとなり、ライセンスの 転用不可となります。
 Standardライセンスから上位エディションへのアップグレードは現時点では対応しておりません。





これによってアクティベートの手間も省けますので、より迅速・簡単に仮想化基盤としてご利用いただくことが可能になります。
なお、ライセンスキーのインストールはお客様へのサーバ出荷直前に実施し、実施日から起算される形になります。
60日間の追加サブスクリプションが付与されるため、ライセンスの契約満了日は実施した日から60日後となります。

例えば
「ライセンスメールが届かなくてアクティベートができない・・・。」
「ライセンスが上手くインストールできない・・・。」
などそういった心配がいらなくなります。SEの方はライセンスの準備に時間を取られず、構築に専念することができますよね。地味かもしれませんが、結構嬉しいですよね!




じゃあ、実際にどうやって構成すればライセンスアクティベートされた状態で届くかというと、以下手順を実施します。

☆OSCを利用してプリインストール(ライセンスアクティベート済み)モデルを選択する場合は、以下手順となります。

STEP1:「OS」タブにて、VMware ESXi 6.7 U2 Embedded Image (ライセンス なし)を選択。




STEP2:「ライセンス」タブにて、vSphere Standard PreInstalledライセンスを選択。




本手順に関連した情報としまして、OEMライセンスを購入頂く場合の保守はProSupport以上をご選択ください。
ProSupport以上からOEMソフトウェアのコラボティブサポートもつきますので、OEMソフトウエアのサポートも弊社にて受けられるようにするためとなります。
サポートに関する詳細につきましては、以下記事も合わせてご参照ください。
https://japancatalog.dell.com/c/ent-support-guide/

以上の手順でご選択いただければ、アクティベート済みのESXiが出荷されてきますので是非ご活用ください!

パートナーセールスエンジニア 萩原 正樹


   
       
   
       
   
    

 

タグ: , , , ,