デル eカタログサイト | デル製品 販売支援サイト
情報ガイドステーション|PowerEdgeサーバー選定ガイド
情報ガイドステーションメニュー
 | PowerEdgeサーバー選定ガイド


PowerEdgeサーバーの基礎知識
 ● Dell Technologies サーバーポートフォリオ
 ● 次世代サーバーのイノベーション
 ● サーバーの分類
 ● サーバーの命名規則
 ● スタンダード型の種類
 ● ワークロード型の種類
 ● Intel/AMD CPUの基礎
 ● Intel/AMD CPUサポートマトリックス
 ● Intel/AMD メモリ搭載 ベストプラクティス
サーバーを用途で選ぶ
 ● CPU/メモリ集約型ワークロード
 ● データ集約型ワークロード
 ● 環境依存型ワークロード
 ● 直接液体冷却 搭載モデル
 ● 価格重視
 ● 仮想化サーバー
 ● バックアップサーバー
え?こっちの構成が良かったの!?
ちょっと加えたレシピ
 ● メモリ
 ● ディスク
 ● RAIDコントローラー
 ● ネットワークカード
 ● システム管理
 ● OEMソフトウェア
 ● 構築サービス
 ● 保守サービス




PowerEdgeサーバーの基礎知識


■Dell Technologies サーバーポートフォリオ





■次世代サーバーのイノベーション

第3世代 Intel Xeon x300 シリーズ プロセッサー(Ice Lake)
第3世代 AMD EPYC 7003 シリーズ プロセッサー(Milan)
最大 3,200 MT/s、8メモリチャネル
Intel Optane パーシステント・メモリ 200シリーズ
NVMe ハードウェアRAID対応
BOSS-S2 ホットプラグ対応
OCP* 3.0対応(業界標準への準拠)
SNAP I/O*(将来サポート)
PCIe Gen 4.0 対応
最新アクセラレータ(GPU/FPGA)の搭載枚数拡大(GPUサーバー選定ガイド)
サイバー レジリエント アーキテクチャ
(セキュリティ ブログ 基礎編応用編
シンプルな運用管理ツール
自動化を支援するインテグレーションモジュール
OpenManage システム管理 ソリューション
OCP* : Open Compute Project(ハードウェアの設計図や仕様のオープンソース化を推進する非営利組織)




■サーバーの分類

 参考:PowerEdge MXシリーズのご紹介  参考:ハイパーコンバイジドインフラ選定ガイド




■サーバーの命名規則





■スタンダード型の種類

*T40ミニタワー
 ・システム管理機能:Intel AMT
 ・サポートOS:Windows Server LTSC、または、Ubuntu Server LTS

構成の詳細は、「PowerEdgeサーバー構成ガイド」 を参照してください。




■ワークロード型の種類

PowerEdge
XE8545
DSS8440 PowerEdge
R750xa
機械学習モデルやHPCの高速化、アクセラレーテッド仮想化に最適なサーバー

・第3世代 AMD EPYC 7003 シリーズ
・NVIDIA A100を最大4基(NVLink)
・PCI Gen4 による高帯域
・4Uサーバー
システム全体でマシンラーニングに最適化されたサーバー

・第2世代 Intel Xeon スケーラブル プロセッサー
・NVIDIA V100を最大10基またはT4最大16基(PCIe)
(将来、IPU*にも対応予定)
*IPU: Intelligence Processing Unit、AI専用プロセッサー
機械学習の学習、推論、高密度GPUパフォーマンスなどアクセラレーションに特化したサーバー

・第3世代 Intel Xeon スケーラブル プロセッサー
・NVIDIA A100を最大4基またはT4 最大6基(NVLink ブリッジ)
・PCI Gen4 による高帯域
スペックシートはこちら スペックシートはこちら
詳細:機械学習用モンスターマシン 「DSS 8440」 がついにリリース!
スペックシートはこちら
PowerEdge
C4140
PowerEdge
XE2420
PowerEdge
XE7100
NVIDIA NVLinkテクノロジーに対応したマシンラーニングおよびディープラーニング向けサーバー

・第2世代 Intel Xeon スケーラブル プロセッサー
・NVIDIA V100を最大4基
(NVIDIA NVLinkおよびPCI Express両タイプあり)
エッジコンピューティングの過酷な環境(高/低温下や粉塵の多い環境)に対応したサーバー

・第2世代 Intel Xeon スケーラブル プロセッサー
・NVIDIA V100 または RTX6000を最大2基
・NVIDIA T4を最大4基
・NEBS1対応
オブジェクトストレージ、インテリジェントビデオ分析、メディアストリーミングのワークロードに最適なサーバー

・第2世代 Intel Xeon スケーラブル プロセッサー
・最大2基のデュアルソケット/ノード
・内蔵ディスクを最大100台(1.6PB)
・NVIDIA T4を最大4基
・標準ラックの奥行き 5Uサーバー
スペックシートはこちら
詳細:PowerEdge C4140サーバー
スペックシートはこちら スペックシートはこちら




■Intel/AMD CPUの基礎知識






■Intel/AMD CPUサポートマトリクス

※2021年7月時点の情報となります。
第3世代 Intel Xeon
スケーラブルプロセッサー
ベース周波数 コア数 R450 R550 R650 R650xs R750 R750xs R750xa C6520 MX750C
8380 2.3 GHz 40
8368Q 2.6 GHz 38
8368 2.4 GHz 38
8360Y 2.4 GHz 36
8358 2.6 GHz 32
8358P 2.6 GHz 32
8352Y 2.2 GHz 32
8352V 2.1 GHz 36
8352S 2.2 GHz 32
8351N 2.4 GHz 36
6354 3.0 GHz 18
6348 2.6 GHz 28
6346 3.1 GHz 16
6342 2.8 GHz 24
6338 2.0 GHz 32
6338N 2.2 GHz 32
6336Y 2.4 GHz 24
6334 3.6 GHz 8
6330 2.0 GHz 28
6330N 2.2 GHz 28
6326 2.9 GHz 16
6314U *1 2.3 GHz 32
6312U *1 2.4 GHz 24
5320 2.2 GHz 26
5320T 2.3 GHz 20
5318Y 2.1 GHz 24
5317 3.0 GHz 12
5315Y 3.2 GHz 8
4316 2.3 GHz 20
4314 2.4 GHz 16
4310 2.1 GHz 12
4310T 2.3 GHz 10
4309Y 2.8 GHz 8
*1 :1ソケット構成の場合のみ選択可能
CPUの命名規約など詳細は こちら をご覧ください。


※2021年7月時点の情報となります。
AMD EPYC
7003シリーズ
ベース周波数 コア数 R6515 R7515 R6525 R7525 C6525 XE8545
7763 2.45 GHz 64
7713 2.0 GHz 64
7713P *1 2.0 GHz 64
7663 2.05 GHz 56
7643 2.3 GHz 48
75F3 2.95 GHz 32
7543 2.8 GHz 32
7543P *1 2.8 GHz 32
7513 2.6 GHz 32
7453 2.75 GHz 28
7443 2.85 GHz 24
7443P *1 2.85 GHz 24
7413 2.65 GHz 24
73F3 3.5 GHz 16
7343 3.2 GHz 16
7313 3.0 GHz 16
7313P *1 3.0 GHz 16
*1 :1ソケット構成の場合のみ選択可能
CPUの命名規約など詳細は こちら をご覧ください。





■Intel/AMD メモリ搭載 ベストプラクティス

第3世代 Intel/AMD CPUには、16個の最大メモリバス速度3200MT/s DIMMスロットがあります。
1ソケットあたり 8枚 または 16枚 のバランスの取れたメモリ構成により最高のメモリパフォーマンスを発揮します。

バランスの取れたメモリ構成がで最高のメモリパフォーマンスを発揮
2ソケットシステム:16枚 または 32枚のDIMM
1ソケットシステム:8枚 または 16枚のDIMM
– RDIMM: 8GB, 16GB, 32GB, 64GB
– LRDIMM: 128GB, 256GB
– PMem* 200シリーズ: 128GB, 256GB

*PMem : Intel Optane パーシステント・メモリ
– RDIMM: 8GB, 16GB, 32GB, 64GB
– LRDIMM: 128GB
– 1ソケットあたり最大4TB
– 1ソケットあたり8枚以下の場合は、1ソケットあたり4枚以上を推奨
– 1ソケットあたり最大2TB
– メモリを9枚以上搭載した場合は、周波数が2933MT/sに制限
– 1ソケットあたり8枚以下の場合は、1ソケットあたり4枚または6枚を推奨





サーバーを用途で選ぶ


■CPU/メモリ集約型ワークロード

参考:「インテル Optane パーシステント・メモリ 参考:「GPUサーバー選定ガイド
*1 SOURCE : https://www.spec.org/cpu2017/results/
*2 SOURCE : https://principledtechnologies.com/Dell/PowerEdge-R740xd-with-Intel-Optane-DC-persistent-memory-1019.pdf




■データ集約型ワークロード

参考:「インテル Optane パーシステント・メモリ
*1 SOURCE : https://principledtechnologies.com/Dell/PowerEdge-R740xd-Intel-Optane-1019.pdf




■環境依存型ワークロード





■直接液体冷却 搭載モデル





■価格重視

参考価格の共通条件
サポート[1年、プロサポート、翌営業日対応、オンサイト診断つき] 、 iDRAC[Basic (T40 除く)]




■仮想化サーバー

・vSphere ESXiはソケットライセンスで適用できる。
・仮想化用の場合はIntel Xeon(最小6コア)/ AMD EPYC(最小8コア)のCPUから選択できる。
・Intelの場合は R440/R650/R750/R640/R740/R740xdから選択する。
・AMDの場合は R6515/R6525/R7515/R7525から選択する。
・VDIでvGPUを使う場合はGPU搭載可能モデルを選択する。
※下記は構成例になります。シャーシやCPU個数によって搭載可能なディスクやPCIスロットなどが異なります。

参考価格の共通条件
サポート[3年、プロサポート、24×365、オンサイト診断つき] 、 iDRAC[Enterprise]




■バックアップサーバー

参考価格の共通条件
サポート[3年、プロサポート、24×365] 、 iDRAC[Enterprise]





え?こっちの構成が良かったの!?
ちょっと加えたレシピ


参考:「SSDを選ぶ4つの理由 参考:「RAIDコントローラのリスト

参考:「iDRAC編 はじめの一歩
参考:「iDRACのアップグレード
参考:「ProDeployが好評の理由
参考:「構築サービス選定ガイド
参考:「サービスハンドブック
参考:「サポート選定ガイド