デル eカタログサイト | デル製品 販売支援サイト
情報ガイドステーションメニュー
 | PowerChute Network Shutdownの
     Dell EMC Solutions for Microsoft Azure Stack HCIへの対応について

   
       
   
       
   
    





前回の記事ではイントロダクション編として、APC PowerChute Network Shutdown (以下、PCNS)による電源管理とHCI対応の概要について紹介いたしました。今回は最初に紹介するHCIの構成としてMicrosoft Windows Server 2016 Datacenterエディション(※)をホストOSとして使用するDell EMC Solutions for Microsoft Azure Stack HCI (以降、Azure Stack HCI) を取り上げます。まずは、UPSのハードウェア構成のポイントを説明し、Azure Stack HCIとの構成例を紹介します。後半は、シャットダウンシーケンスとPCNSでの設定手順のポイントを説明します。PCNSの最新バージョン4.3より、Azure Stack HCIにおけるクラスター制御と自動シャットダウンをWeb UIによるソフトウェア設定のみで簡単に行えるようになりました。
 (※) Windows Server 2019 Datacenter エディションについても対応済みとなります。以下ご参照ください。
   https://www.se.com/jp/ja/faqs/FA368805/




UPSの構成について

Azure Stack HCIがサポートする環境はHyper-V仮想環境およびフェールオーバークラスターにより構成されています。PCNSは各ホスト(物理サーバ)にインストールします。

クラスターを構成するホストが全て同じUPSから電源供給されている構成においては、停電時は全てのホストが同時に電源障害の影響を受けるため、全ホストをシャットダウンする構成となります。 UPSを冗長化した構成の場合も、すべてのホストは同じUSPから電源供給されるため、同様の動作となります。




クラスターを構成するホストがそれぞれ別のUPSから電源供給されている複数UPS構成では、クラスターノードの停止を伴う重大イベント発生の際、影響を受けるノードのみシャットダウンするか、フェールオーバークラスターを構成している全ノードに対しクラスター停止を実行するかは、運用ポリシーに基づき決定してください。





構成例

Azure Stack HCI Power Edge R740xdを例に構成例を紹介します。





Azure Stack HCIのシャットダウンシーケンスについて

電源障害が発生すると、PCNSは仮想システムシャットダウンシーケンスを実行し、クラスターの停止と仮想マシンの停止を行った後、ホスト(クラスターノード)のシャットダウンとUPSの出力停止を行います。





PCNSのインストール~Hyper-Vとフェールオーバークラスター設定手順のポイント

ここからは、Azure Stack HCI環境でのPCNSのインストールから仮想化設定を含めたセットアップの完了まで、スクリーンショットを用いてポイントを説明していきます。PCNSを各Hyper-Vノード(物理マシン)にインストールします。PCNSのインストール時の設定で「Hyper-Vサポートを有効にする」を選択してください。




インストール完了後は、UPSとサーバ接続(IPアドレス設定)の設定を画面の案内に従って行います。




Hyper-V環境での仮想マシンに関する設定を行います。「VM移行の有効化」をチェックすることにより、ホストの電源障害の際に仮想マシンの移行が行われます。




仮想システムシャットダウンにおける、仮想マシンの動作とシャットダウンおよび起動時間について設定します。ここでは、ホスト上のすべての仮想マシンのシャットダウンおよび起動に掛かる所要時間(秒)を入力します。




クラスター設定を行います。「クラスター停止を有効にする」にチェックを入れることにより、仮想システムシャットダウンシーケンスにおいて、クラスターの停止を行います。




以上の設定が完了すると、サーバに関する設定のサマリー画面が表示されます。




最後に、サーバのシャットダウン完了後にUPS出力を停止するかどうかを設定します。




セットアップ完了画面が表示されます。




セットアップ完了後も、PCNSの設定画面により、設定の変更を行うことができます。





まとめ

今回は、Azure Stack HCIとUPSを組み合わせた構成例とPCNSによる仮想環境シャットダウンの設定手順を紹介しました。次回は、vSAN Readyノードの構成ガイドを予定しています。



本記事に関するお問い合わせはこちらより、下記の担当にご連絡ください。

シュナイダーエレクトリック株式会社
出口 健太郎
冨田 哲理




バックナンバー

APC PowerChute Network Shutdownによる電源管理~UPSの選定とHCI対応の概要~
PowerChute Network ShutdownのDel EMC Solutions for Microsoft Azure Stack HCIへの対応について


   
       
   
       
   
    

 

タグ: , , , ,